日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > フジ『モンクリ』は現代の大映ドラマ

『モンテ・クリスト伯』森友問題に仮想通貨暴落、視線入力まで登場! それでいて中身のドロドロは“現代の大映ドラマ”か

フジテレビ系『モンテ・クリスト伯─華麗なる復讐─』公式サイトより

 日本でも『巌窟王』として有名な約170年前の名作を下地とし、現代の日本的に「翻訳」したドラマ『モンテ・クリスト伯 ─華麗なる復讐─』(フジテレビ系)。

 無実の罪で投獄されたのち、莫大な財産を手に舞い戻った紫門暖あらためモンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)が、気づかれることなく堂々と旧知の友人である復讐相手たちを陥れていくところが見どころ。

 第3話の視聴率が7.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、今回の第4話が6.5%と、低空飛行ながら初回の5.1%よりじわじわ上昇中。第4話をおさらいします。

(前回までのレビューはこちらから)

 

■殺されたはずの赤ん坊が「母」の前に

 とある国有地の取引を有利に進めるため、不動産業を営む神楽清(新井浩文)は旧知の議員・木島義国(嶋田久作)にすがり、五蓉不動産がライバルとして動いていることを知る。議員が根回しして取引を有利に進める、もちろん森友学園や加計学園問題を下地としているのだろう。

 しかし、その五蓉不動産のCMに人気俳優である南条幸男(関ジャニ∞・大倉忠義)と妻のすみれ(山本美月)が出演することを知り、旧知の友であり、真海を陥れた「共犯者」である神楽は気に食わない。

 神楽の妻・留美(稲森いずみ・原作でのエルミーヌに相当)は刑事部長・入間公平(高橋克典)とかつて不貞関係にあり、産んだばかりの子どもを遺棄した秘密がある。公平は真海(ディーン・フジオカ)を警戒し、留美に近づかないように電話で指示、しかしその電話の最中、絶妙なタイミングで真海が登場、留美に接触する。怖い。

 真海はアパレルブランドを立ち上げようとしている青年実業家の安藤完治(葉山奨之・原作でのベネデット/アンドレア・カヴァルカンティに相当)を紹介し、留美と引き合わせる。3人は真海の購入したばかりの家でランチをするが、ここの庭にかつて留美と公平は子供を埋めているため留美は落ち着かない。

 だが、おかまいなしにグイグイ踏み込んでくる、いい人っぽい安藤に、次第に心を開いていく留美。かつて銀座でホステスをしていた留美を、子飼いの神楽と結婚させたのは議員の木島で、神楽は出世と金にしか目がなく、乾ききっている留美は何人もの男と体を交え、寂しさをごまかしていた。そこに自分と向き合ってくれそうな純粋っぽい安藤が現れたので、惹かれてしまったのだろう。ついさっき公平に釘を刺されたのに、もう真海の紹介した男に出資しようとする留美の弱さが悲しい。

 しかし、実は安藤は非合法っぽい集団から借金を取り立てられており、留美を金ヅルと見て接触しているよう。

 実はこの安藤は、留美と入間との間に生まれ埋められたはずの子どもで、真海はそれを知っていて留美と引き合わせた。安藤のことを「私のために生まれてきた人間」だという真海は、もちろん復讐の駒として使うのだろう。

 

■安藤役・葉山の芝居が変なのはわざとか?

 しかも留美は軽い気持ちで始めた仮想通貨(ベルコイン)にはまって損失を出し、夫には言えないため公平に泣きついて金(300万)を出してもらう。実は神楽は秘書の牛山(久保田悠来)を使って、仮想通貨のことも、公平とのことも、若い男と寝ていることも全て知っていた。神楽は留美に対する愛は一切なく、ただ自分の大切な金を危機にさらしたことにのみ激怒する。神楽の最も大切なもの、つまり真海が神楽から奪おうとするものが浮き彫りになる。もちろんこの仮想通貨の「暴落」を裏で操っていたのも真海だ。

 金の件で神楽にブチ切れられた留美は、その300万を持って家を飛び出し、そのまま安藤と身体を交えてしまう。安藤が、自分があやめかけた実子であるとも知らずに。

 留美は安藤に対して、他の寝るだけの若い男らと違い、母性のようなものを感じているようだが、文字通り「母」であるだけ悲しく、しかも一線まで越えてしまった。もちろん真海が不幸にしたいのは留美ではなく、その先にいる神楽や公平なのだが、復讐に目が眩んでいる真海には今は関係ないのだろう。

 ちなみに安藤役の葉山の芝居が嘘のようにたどたどしく、これは「純粋ないい人」を演じるための、いわゆる「演技の演技」だと思うのだが、それにしてもただ下手に見えてしまっており、どちらにせよ現時点ではやや損をしている気がする。


12
こんな記事も読まれています

『モンテ・クリスト伯』森友問題に仮想通貨暴落、視線入力まで登場! それでいて中身のドロドロは“現代の大映ドラマ”かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

ジャニーの陰を書かぬメディア

今週の注目記事・第1位「『貴景勝』ご祝儀270...…
写真
インタビュー

人力舎の”若手”アンダーパーに注目

 芸歴5年目、なのに全員オーバー30という、人力舎の”若手”トリオコント師「アンダー...…
写真