日刊サイゾー トップ > 芸能  > 山口達也事件で新人発掘番組が減る?

元TOKIO・山口達也の強制わいせつ事件が、番組構成に飛び火!「若手が顔を売る番組を作れない……」

 強制わいせつ容疑で書類送検、起訴猶予処分を経て所属事務所との契約を解除された人気グループTOKIOの元メンバー・山口達也の影響が、各方面に広がっている。

 事件そのものは「今後も暴露系の記事が週刊誌の誌面をにぎわせるでしょうけど、今回以上の事案が発覚しない限りは、このまま収束に向かうとみている」と全国紙社会部デスクは語る。すでに、さまざまな報道が出ており、「これ以上追跡しても何も出てこない」というのが大方の見方のようだ。

 TOKIOの出演番組、CMなどの対応も一通り決まり、そのほとんどが“継続”という形に落ち着いた。だがその一方で、他の番組構成に、今後大きな影響を与えるかもしれないという。

「新人発掘系の番組が制作しにくくなるのでは?」と話すのは、若手女性タレントを多く抱える小規模芸能事務所の幹部だ。

 新人やブレーク前のタレントを売り出す場合、単体で出演できればいいが、多くは「新人が複数集まるような番組が多く、その1人としてオファーを受ける、あるいは売り込んでいくことが多い」(同)。番組内容は、おのずと彼女たちを品評する内容になることが多く、それらを「バラエティ番組のスタッフや、プロデューサーが視聴して参考にすることもある」(同)という。

 だが、今回の事件では、未成年の「若くてかわいい女性」がターゲットになった。

「芸能界に、そのような趣味趣向を持った男性がいないとは、残念ながら言えません。山口が出演していた『Rの法則』(NHK Eテレ)も、ロリコンたちの“狩り場”に近い側面はあった」(同)

 となれば、ブレイク直前の女性タレントばかりを集めた番組を制作した場合、山口と同じような形で“活用”する輩が出ないとも限らない。それを事前に防ぐため、同様の番組が制作されにくくなるとの心配の声が徐々に上がり始めているというのだ。

 山口の起こした事件は、次代を担う新人たちが顔を売る場所を奪いかねないほど、深刻な影響を及ぼしているのだ。

最終更新:2018/05/16 06:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

元TOKIO・山口達也の強制わいせつ事件が、番組構成に飛び火!「若手が顔を売る番組を作れない……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

読書✕ヤンキー『どくヤン! 』

 もしも読書好きのヤンキーがいたら……いやい...…
写真
インタビュー

横浜銀蝿・翔が語る、バンド誕生秘話

 1980年、リーゼントにドカンという不良まんまの姿でブラウン管に登場し、世の大人たち...
写真