日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > “萌え系”大食い美女が日本に?

米4㎏をペロリ! 美しすぎる “萌え系”フードファイターが日本のバラエティに進出!?

キョウ・イーモンさんのポスター写真

 人気が出れば大きな収益を獲得することができる中国の動画配信業界で、“美しすぎるフードファイター”が話題となっている。

「中時電子報」(5月5日付)によると、重慶市在住で大食い動画を生配信するキョウ・イーモン(24歳)さんが美しすぎるとして、人気を集めている。キョウさんは、身長163cm、体重47kgというモデル体形なのだが、フードファイターだけあって、食べる量がハンパないのだ。

 

10人前の弁当を前に、メディアの取材に答えるキョウさん

 今月から大食いの動画配信を始めたばかりのキョウさんだが、その美しさから、メディアの注目度も急上昇。地元メディアの取材に応じたキョウさんは、フードファイターになったきっかけについて、「小さい頃から大食いで、大人がお茶碗1杯のご飯でおなかいっぱいになるところ、いつも3杯は食べていました。今はお昼ご飯がお弁当の場合は、最低10人前は食べます。4kgくらいのごはんなら、1回の食事で普通に食べますよ。ただ、食費が毎月1万5,000元(約24万円)近くかかってしまうので、食費を稼ぐために仕事を掛け持ちでやってます」と、信じられない日常を語ったのだ。

 気になるのは彼女の健康状態だが、定期検診では毎回、まったく体に異常は見られないというのだから不思議である。

 キョウさんが所属する杭州達人文化芸術策劃有限公司によると、「最近では『本当に毎日そんなにたくさん食べているのか?』と問い合わせをしてくる人が多くいます。懐疑的なメディアも多く、インタビュー取材のたびに大量のお弁当を持ってきて彼女に食べさせようとする人もいます。こうした疑いを晴らすために、近々、大食いのイベントに参加し、彼女の実力を証明しようと思っています」と、意気込みを語っている。

 最近の日本の大食い番組には、招待選手として中国や台湾から多くのフードファイターが参戦しているが、近い将来、日本の番組でキョウさんを見かけることになるかもしれない。

(文=青山大樹)

最終更新:2018/05/22 21:00
こんな記事も読まれています

米4㎏をペロリ! 美しすぎる “萌え系”フードファイターが日本のバラエティに進出!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(前編)

 秋雨の降る明治通りの交差点に、パレスチナ解放闘争の戦士は立っていた。白髪だが、肩幅...…
写真