日刊サイゾー トップ > 社会 > 海外  > 台湾政治団体の裏の顔
靖国参拝も……

台湾の“日本復帰”を目指す政治団体 裏の顔は「政治型ねずみ講」だった

「台湾の主権は大日本帝国にあり、日本の天皇陛下が台湾の所有権を保持している」

 そんな主張を掲げる政治団体が、現地台湾で話題となっている。

 台湾での新国家の樹立を主張して活動する政治組織「台湾民政府」は、2008年の創設以降、日本やアメリカなどにも支部を設立して活動している。

 2015年2月にはアメリカ連邦地裁に対し、1946年に蔣介石が台湾人の国籍を日本から中華民国に強制変更させたことの無効化を求める訴えを、アメリカおよび台湾の裁判所に提起している(ともに事実上棄却されている)。

 日本のネトウヨが聞けば大喜びしそうな話だが、彼らには裏の顔があったようだ。

 今月10日、台湾桃園市の警察は、台湾民政府の事務所がある中央会館を強制捜査したことを発表。同組織が政治活動を行う一方、資金洗浄や詐欺行為によって多額の不正な金を手にしていたとみている。

 現地報道などによると、この詐欺行為とはイデオロギーを利用して集めた会員から金品を巻き上げる、いわば「政治型ねずみ講」だったようだ。組織では、実際にはまったく効力のない身分証や組織内で有効とされる金券などの販売により、日本円でおよそ1億円を売り上げていたという。組織は金を集めるため、YouTubeやFacebook上で「台湾民政府の身分証があればビザなしでアメリカをはじめ、世界194カ国へも訪問が可能である」などと、ウソの宣伝をし、会員と金を集めていた。

 警察は被害者団体を結成した110名から詐欺に遭った経緯などを聞き、これまでに創設者で事実上のトップを務める秘書長の林志昇やその妻など、幹部7人を逮捕した。組織には5万人の会員と3,700人の職員がいるばかりでなく、“黒熊部隊”という武装部隊まで組織し、日頃から180人の隊員が訓練を行っていたという。同組織の日本支部は、これまで複数回にわたり靖国神社を参拝するなど活発に活動しており、日本人支援者も少なからずいたようだ。

 同組織に5万人の会員と多額の金が集まった背景には、国連からも国家として認められない台湾市民のいら立ちもあったのかもしれない。

(文=青山大樹)

最終更新:2018/05/23 21:00
こんな記事も読まれています

台湾の“日本復帰”を目指す政治団体 裏の顔は「政治型ねずみ講」だったのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

加藤綾菜、嫌われ者の逆転現象

 今回取り上げるのは加藤茶の嫁、綾菜だ。20...…
写真
インタビュー

岡野陽一『R-1』で刻んだ爪跡

 3月に行われた『R-1グランプリ』(関西テレビ系)決勝で、観覧客からひときわ大きな...
写真