日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 日大で警察“天下り”指導者が暗躍

【日大アメフト部“悪質タックル”問題】警察からの“天下り”指導者が暗躍中!?

日本大学公式サイトより

 完全に事態の“収束”タイミングを逸した様相の日本大学アメリカンフットボール部による悪質タックル騒動。連日、マスコミはその動きをつぶさに報じているが、水面下では早くも騒動沈静化に向けた“綱引き”が行われているという。

「わざわざ警察OBも受け入れているのに、何をやっているんだろうね」

 ある大手企業に天下った警察OBは、こう言いながら苦笑いだ。実は日大に2016年に新設された危機管理学部には、警察OBが指導者として迎えられている。

「もちろん、授業を教えるために雇われたのが一番だろうが、巨大マンモス校だけに生徒同士のケンカから万引きや窃盗、男女関係のトラブルなど、素人の学生はあらゆる部分で問題を起こす。そのトラブル処理の助言、警察側との橋渡し役も兼ねていると思います」(同)

 だが、ここまで騒動に次ぐ騒動を起こしてしまっては「もう、事態の沈静化は正直難しい。トップの田中理事長の辞任、アメフト部の廃止以外、道はない」(同)と言い切る。

 これまで、アメフト部以外にも“ブラックな疑惑”が報じられている日大だけに、事態を収める“綱引き”は水面下で始まっているようだ。

「今後考えられるのは、加害者の選手や首脳陣の傷害罪などでの逮捕、また法人としての損害賠償請求などです。さらに、国から補助金削減のペナルティーも科せられる場合もある。これらを有利に収めるために、あちこちで警察や国側との折衝が始まっているという。日大側はだいぶ不利な立場になっているのはわかるけど、最終的にどんな形で決着するのかは、予断を許さない状況だ」(同)

 単なるアメフト部の不祥事だけにとどまらない今回の騒動、どこまで拡大するのか。

最終更新:2018/05/25 18:48
関連キーワード

【日大アメフト部“悪質タックル”問題】警察からの“天下り”指導者が暗躍中!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

スピリチュアル市場のサバイバル

 現代社会においては宗教も市場競争にさらされ、人々が自分にふさわしい考えや実践をマー...
写真