日刊サイゾー トップ > 芸能  > 映画『キングダム』は中国ロケなし!?

“原作実写化俳優”山崎賢人の憂鬱……『キングダム』劇場公開予算は10億円超も中国ロケなし

山崎賢人オフィシャルブログより

「今、原作の実写化といえば山崎賢人というくらい彼の名前を見ない作品はないですね。来月公開の映画『羊と鋼の森』もそうですが、年に2~4本のペースで映画出演している彼が原作のなかった作品に出演したのは、5年前の『ジンクス!!!』までさかのぼらないといけません。また、来年公開予定の映画『キングダム』でも主演を務めますが、こちらも漫画原作です。この夏にかけての撮影は、彼が多忙ということもあって中国の歴史物語にもかかわらず、オール日本ロケになる予定だそうです」(映画関係者)

 20日に東京都内で行われた主演映画『羊と鋼の森』の完成試写会に出席した、主演の山崎賢人。

「とにかく最近の山崎さんは、作品選びに頭を悩ませてるそうです。山崎さんといえば、やはり王子様キャラということで、これまでも特に少女漫画の原作モノの主演が多かったのですが、同世代の菅田将暉さんや新田真剣佑さんがバランス良く作品を選んで賞を取ったりして活躍しているのを見て、このままの路線でいいのか、親しい人には相談してるようです」(テレビ局関係者)

 今回の劇場版『キングダム』も、もともとは原作の連載10周年を記念して作られた実写特別動画が元になっている。

「その時も、原作者から山崎クンの指名があったように、今回も彼が主演になりました。監督は佐藤信介氏で、配給はワーナーが行います。ウワサされていた中国からの出資はなく、予算は10億円を超えるそうですが、関係者は『ボランティアにかなり頼ることになりそうだ』とこぼしていましたね」(芸能事務所関係者)

 確かに原作モノの主演に抜擢されるケースが多い山崎だが、裏を返せば“今風”の顔であるということで、それはそれで大きな武器でもある。

「そんな中でも『陸王』(TBS系)に出たり、自分からコメディ色の強い福田雄一監督の作品に出たいと事務所に直訴したり、いろいろと悩みながら動いてはいるようです」(同)

 日本屈指の“原作実写化俳優”の悩みは深そうだ。

最終更新:2018/05/28 10:00
こんな記事も読まれています

“原作実写化俳優”山崎賢人の憂鬱……『キングダム』劇場公開予算は10億円超も中国ロケなしのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法は「国民救済」が目的じゃない! 

 東京オリンピックを視野に6月に施行される「チケット転売規制法」。チケットの高額転売...
写真