日刊サイゾー トップ > 芸能  > 西尾まり、“裏かぶり”が可能なワケ

日テレ『崖っぷちホテル!』に出演中の西尾まり、NHKドラマとの“裏かぶり”が可能だったワケとは?

シス・カンパニー公式サイトより

 テレビ業界では、同じタレントが同時間帯の別の局の番組に出演することは、“裏かぶり”と称して、基本的にタブーとされている。最近では、フジテレビ系バラエティ番組『ダウンタウンなう』に準レギュラーで登場していた女優・夏菜が、裏番組となるNHKドラマ『デイジー・ラック』(4月20日放送開始)へ出演するため、しばらく『ダウンタウンなう』への出演を自粛したことが話題になった。

 そんな中、今クール、堂々と“裏かぶり”で2つの別の局のドラマに出ている女優がいる。それは、脇役として、“いい味”を出している西尾まりだ。

 西尾は現在、EXILE、三代目J Soul Brothersの岩田剛典が主演する『崖っぷちホテル!』(日本テレビ系/日曜午後10時30分~)にホテルの清掃係役で出演中。5月27日に最終回となった、松平健主演『PTAグランパ2!』(NHK BSプレミアム/日曜午後10時~)にもPTA関係者役でレギュラー出演していたため、『崖っぷちホテル!』がスタートした4月15日から7週間、“裏かぶり”していたのだ。

 では、なぜ業界でタブーとされる“裏かぶり”が、西尾に限って容認されたのだろうか?

「西尾はメインキャストではなく、あくまでも“脇役”の1人であったことが大きいでしょうね。脇役なら、そんなに出演シーンも多くありませんから。それから片方がBSであったことも大きい。そして、かぶる時間が午後10時30分からの20分間だけで、まるっきりバッティングしたわけではなかったことも、両局を納得させられた要因でしょう。西尾は昨年、『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)など5本の連ドラにレギュラー出演した超売れっ子。『PTAグランパ!』には、昨年の第1シリーズにも出ていたため、両方とも断れず、やむを得ない事態になってしまったのでしょう」(テレビ制作関係者)

 日テレ、NHKの両局が西尾を必要とした結果とはいえ、“裏かぶり”はやはり好ましいものではない。さして重要ではない役回りだからこそ可能だったといえる、今回の西尾の“裏かぶり”出演。各局から引っ張りだこな存在だけに、この件が今後の仕事に響かなければいいのだが……。
(文=田中七男)

最終更新:2018/06/01 22:00
こんな記事も読まれています

日テレ『崖っぷちホテル!』に出演中の西尾まり、NHKドラマとの“裏かぶり”が可能だったワケとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

30代サブカル男に父性は芽生える?

 イクメンという言葉はもはや陳腐化し、男性が育児参加するのは当たり前という風潮が高ま...
写真