日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > あのゲームクリエイターが復活!

あのイメージエポック破産から3年……御影良衛氏が新作を携えて、不死鳥のように復活

「クラン戦記」公式サイトより

 あの、御影良衛氏が生きていた!!

 5月29日に事前登録受付が開始されたPCブラウザ/スマホ向けMMORPG『クラン戦記』。その企画者として、2015年に破産した御影良衛氏が登場したのである。

 御影氏は2004年にイメージエポックを創業。『最後の約束の物語』をはじめ、『時と永遠~トキトワ~』の開発、『ブラック★ロックシューター THE GAME』『ソニプロ』の製作、アリスソフトの名作をコンシューマー化した『闘神都市』などを手がけて、ゲーム業界に名を轟かせた人物。09年に日本最大のゲーム開発者向けカンファレンスであるCEDECの講演で上場準備中であることを発表。翌10年には「面白いJRPGを作り続ける」という「JRPG宣言」を発表し、注目を集めた。

 その発展に暗雲の兆しが見え始めたのは13年。一部代金が未払いであるとして訴訟を提起される事件が話題になったのだ。14年には、創業10周年記念タイトル『STELLA GLOW(ステラ グロウ)』を開発中であることが報じられ、なおも事業継続への意欲が見られた。ところが年が明けた15年1月には「会社が既に精算準備に入っている」「夜逃げした」などのウワサが業界を駆け巡るようになったのだ。

 当時、その真偽を問うべくメールで取材依頼を送るもなしのつぶて。2月になると、入居しているオフィスビルのフロアが、入居者募集中と不動産情報サイトに掲載されている事態に及び、会社を訪問してみると……すでにドアは閉ざされ、宅急便の不在通知も挟まったままになっていたのである……。

 その後2015年5月に同社は破産。以来、御影氏の動向はまったくわからなくなり「九州でトラック運転手をしているのを見た」「北海道で親族に匿われている」など、真偽不明のウワサばかりが流れていた。中には、まことしやかに死亡説まで流す人も。

 そんな状況から復活を遂げた御影氏。ゲーム情報サイト「4gamer.net」に掲載されたインタビューでは、これからの再起への意欲を見せている。

 ただ、イメージエポック破産に際しては未払いも生じ、そのことにいまだ怒りの収まらない関係者もいる。ぜひ、その問題もクリアして、再び良作を手がけてほしいものだ。
(文=昼間たかし)

最終更新:2018/06/15 12:32
こんな記事も読まれています

あのイメージエポック破産から3年……御影良衛氏が新作を携えて、不死鳥のように復活のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が語る「殺害予告」の真実

 日本人最多とされる殺害予告を受け、6年以上に渡って誹謗中傷を受け続ける「炎上弁護士」...
写真