日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > TOKIO・長瀬が“ローカル番組開拓”

TOKIO・長瀬智也が異例の『ナイトスクープ』秘書に……今後は“ローカル番組開拓”で「生きる道」模索か?

TOKIO・長瀬智也

 5月にメンバーの山口達也が脱退したアイドルグループ・TOKIOの長瀬智也が、大阪・ABCテレビの人気番組『探偵!ナイトスクープ』(関西地区6月15日放送分)に“秘書見習い”として出演する。

 30年以上続くこの長寿番組において、男性が秘書のポジションで出演するのは今回が初めて。収録では、長瀬とドラマで共演したことがある西田敏行局長は「“まぶだち”なんです!」と歓迎した。

 その後、一般視聴者からの依頼VTRを見ながら収録を盛り上げたという長瀬。

「キャスティングできたのは、放送日と同日公開の出演映画『空飛ぶタイヤ』のプロモーションを兼ねてのこと。いわゆる“宣伝なし”では、なかなか動かないクラスですからね」(映画関係者)

 だが、別の芸能関係者は「今後、TOKIOのメンバーは、仕事の活路を地方に求めるかもしれない」と話す。

「山口の脱退で一時は打ち切りも危ぶまれていたメンバー全員がそろう『TOKIOカケル』(不フジテレビ系)や『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)は、今のところなんとか、これまで通りの放送を続けています。だからといって今後、彼らにレギュラーが増えるとは、ちょっと考えにくい。個々の活動も増えている中で、ソロの仕事で地方テレビ局の単発の仕事を受ける可能性はあるでしょうね」(同)

 ローカル番組となればスタッフも少なく、また泥臭い仕事も多そうだが「そこは『DASH!!』で厳しいロケを何年も経験していますから、問題ないでしょう」(同)。

“新境地開拓”をしたTOKIOのメンバーの姿もまた、新鮮に映るかもしれない。

最終更新:2018/12/11 13:23
こんな記事も読まれています

TOKIO・長瀬智也が異例の『ナイトスクープ』秘書に……今後は“ローカル番組開拓”で「生きる道」模索か?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

樹海、NY取材で見た人間の本性とは?

 ホームレスやゴミ屋敷、新興宗教などを中心に取材を続けてきた村田らむ氏と、国内外の裏社...
写真