日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > ひょっこりはんに「売名」の辛辣な声

ひょっこりはん“著作権侵害騒動”は一応決着も「売名か?」の辛辣な声も

ひょっこりはん公式インスタグラム(@hyokkorihan)より

 お笑い芸人「ひょっこりはん」が、登場BGMの著作権侵害で話題になった件は、抗議した人物が決着をブログで発表し、とりあえず一段落した。上半期にブレイクした芸人の筆頭にも挙げられるひょっこりはんだが、関係者の評価はいかがなものなのか?

 ひょっこりはんがブレイクのきっかけをつかんだのは、今年の元日のことだ。エンターテインメント誌の記者が語る。

「ひょっこりはんは、元日に放送されたナインティナイン司会のバラエティー特番『新春おもしろ荘』(日本テレビ系)で、優勝こそ逃したものの大きな爪痕を残しました。一気に注目度が上がったのは、女性アイドルが相次いでひょっこりはんのマネをやったことです。欅坂46のメンバーがひょっこりはんとともに“ひょっこり”している画像を上げて話題になり、乃木坂46の白石麻衣が『しゃべくり007』(同)でひょっこりはんと共演して、『“ひょっこり”を披露した白石が可愛すぎる』と話題になりました」

 ひょっこりはんの必殺技は、物陰から「はい! ひょっこりはん!」と顔を出すというもの。マネをしやすいのはブレークに欠かせない条件だが、このまま一気に大ブレークとなるのか? お笑い業界に詳しく、お笑い芸人への取材経験も豊富なフリーライターが語る。

「中高生を中心にブレーク中のひょっこりはんですが、カギは小学生に浸透するかでしょうね。バラエティー番組は常に新しい風を求めていますので、彼も一通りのバラエティー番組に呼ばれ、そこで“ひょっこり”を披露することになるはず。今回の騒動で彼の名前を初めて知った人も多いはずなので、口の悪い関係者は『名前を売るために、(わかっていながら、著作権侵害を)わざとやったんじゃないのか? 』と言っていました。ただ、今年の『R-1ぐらんぷり』はあっけなく1回戦で敗退していますし、先日も『秘密のケンミンSHOW』(同)に呼ばれましたが、かんだうえにグダグダという最悪なトークを披露しました。トークでは“ひょっこり”というキャラクターをまったく生かせていないので、“ひょっこり”ネタをやってしまうともうやることがなく、完全に出オチです。もっとも、彼は早稲田大学のお笑いサークル出身なので、クイズ番組などでインテリ芸人という立ち位置でやっていく方法はありそうです」

 BGM騒動はなんとか片付いたが、ひょっこり現れた彼は、芸能界に居場所を見つけることができるのだろうか?

最終更新:2018/06/06 12:00
こんな記事も読まれています

ひょっこりはん“著作権侵害騒動”は一応決着も「売名か?」の辛辣な声ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

加藤綾菜、嫌われ者の逆転現象

 今回取り上げるのは加藤茶の嫁、綾菜だ。20...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法は「国民救済」が目的じゃない! 

 東京オリンピックを視野に6月に施行される「チケット転売規制法」。チケットの高額転売...
写真