日刊サイゾー トップ > 芸能  > エハラマサヒロが典型的な亭主関白

「典型的な亭主関白」『さんま御殿』エハラマサヒロの嫁自慢に視聴者イライラ

エハラマサヒロのインスタグラム(@eharamasahiro)より 

 6月5日放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、ピン芸人のエハラマサヒロが登場。番組で夫婦エピソードを語ったのだが、彼の亭主関白っぷりに視聴者はドン引きしてしまったようだ。

 この日エハラは、2009年に結婚した一般人の妻と番組に出演。番組の冒頭では「ちょっと報告があって、4人目が今お腹に」と第4子妊娠を報告。MCの明石家さんまは「休ましたれよ、4人も5人も大変や」と心配していたが、エハラは「(妻は)子ども好きなんで、何人でも産みたいって」「めちゃくちゃお世話好きなんで、僕が独身の時から全部やってくれる」と語っていた。

 さらに彼は「一回も喧嘩したことないです、10年くらい住んでますけど」とコメント。明石家は「なんで?」「喧嘩しないっておかしいやないか」と疑問に思ったようだが、エハラは「ぼくがちょっとイライラしてても、刺激しないようにしてくれる」と説明している。

「番組内でエハラは結婚相手に求める条件も明かしており、『ぼく結婚する時に、やっぱり家事をちゃんと楽しくやってくれる子が良かった』『休みの日出てっても“休みの日ぐらい(家事を)やってよ”って言わない子がいいなと思って』と語っていました。今のパートナーはこれらの条件に当てはまっているそうなのですが、彼の嫁自慢に視聴者からは『いい嫁さんだと思うけど負担かけすぎでは?』『典型的な亭主関白』『がっつりマウントとってて気持ち悪い』といった声が上がっています」(芸能ライター)

 嫁自慢に終始していたエハラだが、番組では“どうしてもイラっとしてしまう妻の言動”も告白。「家事に追われて電話に出ないことがある」と苦情を入れたのだが、これにネット上では「家事やらせてるのに“電話に出ろ”はひどすぎる」「それはワガママが過ぎるのでは?」「嫁さんのことを“都合の良い人”としか思ってないんだな……」と冷ややかな声が上がっていた。

「あまりにもエハラが優位な関係性にドン引きしてしまう人が多かったようですが、一方で『奥さんが尽くしたくて尽くしてるのなら良いのでは?』とも指摘されています。ちなみにエハラは放送終了後、『さんま御殿見て頂いた方々ありがとうございました。ドヤ顔でずっと嫁自慢しててホンマに腹立ったと思いますけど申し訳ない(笑)』とツイート。番組での発言をフォローしていました」(同)

 幸せの形は人それぞれで、エハラ夫妻のような関係性があっても良いのかも。第4子出産後も円満な家庭を築いてくれることだろう。

最終更新:2018/06/06 19:00
こんな記事も読まれています

「典型的な亭主関白」『さんま御殿』エハラマサヒロの嫁自慢に視聴者イライラのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

「パパ活」アプリ利用者の実態

 渡部篤郎主演、野島伸司脚本でドラマ化された『パパ活』(2017年)のヒット以後、「パ...
写真