日刊サイゾー トップ > 社会 > 海外  > 金正恩「ツルツル美肌」はステマ?

独裁者から“美肌元帥”へ……金正恩氏「ツルツル美肌」は大胆なステマだった!?

シンガポール外相がツイッターにアップした美白元帥

 歴史的な米朝首脳会談で目立ったのが、金正恩朝鮮労働党委員長の美肌ぶりだ。72歳のトランプ大統領に対し、34歳という若さもあるが、照明がテカテカに反射するほどの艶肌は世界中を驚かせた。徹底したスキンケアは、北朝鮮特産の高麗人参を使った基礎化粧品や美顔膜(パック)を使っているのではないかとの見方があり、今回ツルツル肌を露出した背景には「北朝鮮製の化粧品をアピールする目的があったのでは」(日本の北朝鮮研究者)という大胆な臆測まで飛び交っている。

 トランプ大統領との首脳会談で堂々とした態度を貫き、宿泊先のホテル前では笑顔で手を振るなど、妙に愛嬌を振りまいた正恩氏。特に世界を驚かせたのは11日夜、巨大船のようなホテル「マリーナベイ・サンズ」を訪れた際、シンガポールのバラクリシュナン外相の自撮りに応じたシーンだ。外相はその際の画像をインスタグラムやTwitterに投稿、ツルツルした正恩氏の顔面があらわになった。各国メディアが配信した正恩氏の写真からも同様に、意外なほどの美肌が確認された。

「水がきれいで、美肌成分が含まれる高麗人参を使った化粧品は、北朝鮮の特産品として有名だ。正恩氏も愛用しているのではないか」(同)

北朝鮮の美顔膜(手前)と男性用化粧品(奥)

 北朝鮮の化粧品には「金剛山」「銀河水」「春の香り」といった複数のブランドがあり、日朝を行き来する在日朝鮮人の男性によると「祖国訪問する同胞の女性たちに人気がある。『肌になじみやすく、美白になる』と口コミで評判が広がっている」という。実は男性用化粧品も平壌の外貨ショップで販売されており、正恩氏の息がかかった「銀河水」ブランドだという。「ここ1~2年のことだが、美顔膜が発売され、人気となっている。高麗人参エキスやヒアルロン酸を含んだ製品で、外貨ショップだと日本円で1枚100円ぐらいだ」(同)といい、正恩氏の艶肌はパックのたまものなのかもしれない。

 一方、美肌アピールは国際社会に向けた“ステマ”ではないかとの見方もある。

「北朝鮮には、今回の首脳会談で国際的な制裁が緩和され、貿易が活発になるという読みがある。だが、鉄鉱石などの鉱物の多くは利権を中国に与えており、武器やミサイルといった飛び道具、魚介類を除くと、輸出産品として通用するのは化粧品ぐらいではないか。“美肌元帥”の自撮り解禁には、そういった意図もあったのでは?」(前出研究者)

 確かに、韓国コスメは日本をはじめ、アジア地域を席巻した実績がある。米朝対話の進展次第では、北朝鮮コスメが、美女軍団とパッケージで世界制覇に乗り出す日は近いかもしれない。

最終更新:2018/06/14 14:00
こんな記事も読まれています

独裁者から“美肌元帥”へ……金正恩氏「ツルツル美肌」は大胆なステマだった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

ラリー遠田が語る『平成お笑い史』

 3月15日、お笑い評論家のラリー遠田の著書『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴ...
写真