日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > 特濃BL漫画『なかよし番外地』

兄貴と舎弟が、ただただイチャイチャ! 『おっさんずラブ』を超える特濃BL漫画『なかよし番外地』

なかよし番外地』(KADOKAWA)

 先日、惜しまれつつも最終回を迎えたドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)。おじさんが年の離れた女子に恋するストーリーなのかと思いきや、モテない33歳の主人公・春田創一(田中圭)が、その上司である55歳の部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)やイケメンの後輩・牧凌太(林遣都)らに迫られるという、メンズだらけの胸キュンラブコメディでした。

 つまり恋愛ドラマだけど、上司(♂)×部下(♂)、先輩(♂)×後輩(♂)みたいなカップリングがメイン。深夜帯とはいえ、地上波で乙女チックなハートを持つおじさんが部下を全力で口説くシーンは、かなりのインパクトがありました。

 そんな中、もっともっと、鳥肌が立つほどに濃厚なおっさん同士のピュア・ラブが読めるマンガが発売されましたよ。その名も『なかよし番外地』(KADOKAWA)。真のおっさんずラブは、このマンガを読まずして語れない!

 作者は中川ホメオパシー先生。『抱かれたい道場』(秋田書店)、『干支天使チアラット』(リイド社)などなど、一見かわいらしくもちょっと頭がイカれてる作品ばかり繰り出すことでおなじみの中川先生による新境地は、ヤ◯ザなルックスの、コワモテおじさん同士のBLです。

 登場人物は、いったいどこのドン・ファンだよ! みたいな、明らかにカタギじゃない雰囲気を持つ「兄貴」と、頭がパッパラパーな舎弟分「辰」。本作品で描かれるのは完全に2人だけのラブラブな世界であり、そこにはラブコメにありがちな三角関係などは存在しません。

■顔とセリフのギャップがとにかくスゴイ

 本作は、そのとろけそうにスウィートなセリフだけを見れば、少女マンガとなんら変わらないのですが、決定的に違うのは2人のビジュアル。常にスーツ、サングラス、傷だらけの顔にオールバックという、控えめに言っても「組長」クラス(たぶん50代?)の兄貴と、ものすごいチンピラ臭を漂わせつつ、ヤバいクスリやっているかのように目がブッ飛んでる、舎弟分の辰(40代?)、この2人のおっさんが……

「やめてよ兄貴…ゲレンデが溶けちゃうよ…」

「辰は本当にフルーティーなコだね」

みたいな愛のセレナーデの応酬を見せつけてくれます。ゲレンデが溶けるまで恋したいのは広瀬香美だけではなかったんですね……。

 そんなわけで、素人が興味本位で手を出したら間違いなく「オエェーッ!」となる、でも慣れてくると抜け出せなくなる、まるで1週間寝かせたドリアンのような特濃の世界観が繰り広げられているのです。


123

兄貴と舎弟が、ただただイチャイチャ! 『おっさんずラブ』を超える特濃BL漫画『なかよし番外地』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

戸田恵梨香、イケメン俳優と密会

 令和初となるNHK朝の連続テレビ小説『スカ...…
写真
インタビュー

「7.22銃乱射事件」が映画化

 日本人にとって「3.11」は東日本大震災と福島第一原発事故を思い出させる重い数字と...
写真