日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 坂口杏里“ドタキャン”の裏側!

坂口杏里、“ストリップデビュー”ドタキャンの裏側! 今なお続く「借金地獄」の行き着く先は……!?

ANRI公式Instagramより

「時間、労力全部ほしい。枯れるほど泣いたわ」

 女優・坂口良子さんの実娘で、元タレントのANRIこと坂口杏里が、6月15日夜に、自身のInstagramに、そんなブチ切れコメントを投稿した。16日から、浅草ロック座のストリップ公演に出演することが発表されていたが、14日になってロック座は坂口の降板を発表。

 坂口は、良子さんの死後、ホストにハマって借金まみれとなって、所属事務所から契約解除され、セクシー女優に転身。17年4月には、知人ホスト男性から3万円を脅し取ろうとしたとして恐喝未遂容疑で逮捕されるという騒動を起こしていた。その後は、六本木の高級キャバクラで勤務するも、勝手に退転するなどの問題行動が収まらず、最近は高級デリヘルを転々としていた。

 ストリップは、そんな坂口の再生への最後の望みともいえるチャレンジだったが、やはり難しかったようだ。

「ダンス初心者の自分に、5~6回の練習でマスターしろは無理。『ちゃんと教えて欲しかった』と、ドタキャンされたのは自分の方だとの主張でした。坂口が出演することになっていたのは、『STEPS ON BROADWAY』。ブロードウェイがテーマになっており、ロック座のショーの中でも、出演者にダンスのスキルが求められる演目といえるでしょう。実際、ローザンヌ国際バレエコンクールに出場経験のあるみおり舞や、舞台歴10年の真白希実らの高度なダンスが見どころとなっています。そんな出演者たちのダンスを目の当たりにし、坂口は相当、プレッシャーを感じていたのは間違いないでしょう。坂口が担当するはずだったパートは、05年デビューのストリッパー・かんなと、キャリア10年の友坂麗が代演をしているのを見ても、今回のチャレンジが相当、ハードルの高いものだったことがわかります。ただ、ロック座も坂口に彼女たちと同レベルのダンスを望んでいたはずはありません。下手でも真摯に取り組んでいたなら、周囲の励ましも受けながら、温かく舞台に送り出されたはずですが……」(アダルト業界関係者)

 気になるのは、今後の坂口である。

「ホストで作った借金がまだ相当あるはずです。芸能人時代の事務所Aは、タレントの退社をなかなか認めないことで有名で、何人ものタレントと契約問題で裁判沙汰になっていますが、坂口に関しては、ホスト狂いが明らかになり、すぐに契約解除しています。これは、事務所にまで借金取りがやってきたから。なんと、その債権者は、坂口が全裸で土下座する姿が映った写真を持っていたそうで、その筋のヤバさに、さすがのA社も引かざるを得なかったのが、事の真相ですからね」(芸能記者)

 となると、坂口はどうなってしまうのか?

「結局は、体で稼ぐしかないでしょう。AV復帰が手っ取り早そうですが、この4月にVR作品で復帰して以降、メーカーからのオファーはないようです。やはり素行に問題があり、ちゃんと撮影を行えるか信頼が置けないためでしょう。風俗も、ヤル気のないサービスが一部週刊誌で暴露され、積極的に採用したいというお店が出てくるか難しそう。となると、風俗なら一時、ウワサになった飛田新地か、AVはAVでも、無修正作品なら声がかかる可能性は残されていますが……」(同)

 痛々しすぎる。誰か彼女を救えないものか――。

最終更新:2018/06/22 09:25
こんな記事も読まれています
関連キーワード

坂口杏里、“ストリップデビュー”ドタキャンの裏側! 今なお続く「借金地獄」の行き着く先は……!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

神の沈黙を描き切った注目の新鋭監督

 神さまは本当にいるの? 人間は死んだらどうなるの? 誰しも子どもの頃に頭を悩めた問...
写真