日刊サイゾー トップ > エンタメ > コラム  > 松本人志はなぜ笑い続ける? 「女子メンタル」のお笑い技術

松本人志はなぜ笑い続けるのか? 元芸人が解説する「女子メンタル」「イケメンタル」に散りばめられたお笑い技術とは?

文=檜山 豊(ひやま・ゆたか)

松本人志はなぜ笑い続けるのか? 元芸人が解説する「女子メンタル」「イケメンタル」に散りばめられたお笑い技術とは?の画像1
ダウンタウン(写真/GettyImagesより)

「人を笑わせる時、笑わせる側は笑ってはいけない」

 皆さんはこのような言葉を聞いたことがあるだろうか?

 お笑い芸人なら誰しも聞いたことがあるこの言葉。誰が最初に言い出したかは知らないが、脈々と言い伝えられてきた鉄則だ。

 笑わせる側が笑ってしまうと、見ている方が冷めてしまうとか、真顔で言った方がより面白く感じさせられるとかそういった理由からきているのだろう。

 この言葉を鵜呑みにすると、面白い人とは「笑わずにふざけられる人」という方程式が成立する。

 という事は逆に笑ってしまう人間は面白くない人という事になるのか?その答えはNOだ。

 思い出してほしい。年末の恒例行事になっている「ガキの使いやあらへんで」(日本テレビ系)の“笑ってはいけない”シリーズ番組内で誰よりも楽し気に笑い、一番多く罰ゲームを受けているのは、いまだにお笑い界のトップを走り続けるダウンタウンの松本人志さんだ。

 となると、笑ってしまう人間が面白くないという説は、間違っているという事になる。

 では松本さんはなぜ、誰よりも笑ってしまうのか?

 人が笑うときは大抵自分の想像を裏切られるか、想像が勝手に広がっていくか。僕は行動心理学や人間について勉強したわけでは無いので、確実なことはわからないが、この2パターンが笑ってしまう主な原因だと思う。

 松本さんの場合は視覚や聴覚で受け取った情報を、自分が面白いと思う笑いのテクニックや持っている引き出しの部分と照合し、一番面白いと思うものを頭の中で具体的に想像し、勝手に広がっていき、受け取った印象より何倍も面白くなってしまい、結果笑ってしまうというケースだろう。

 そんな松本さんがひたすら笑い続ける番組がある。

それはAmazonプライム・ビデオで配信されている「HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル」だ。

 知っている人も多いと思うが、松本さんが発案した「密室笑わせあいサバイバル」。毎回10人の芸人達が自腹の参加費100万円を手にあらゆる手段を使い笑わせあい、最後まで笑わなかった芸人が総額1000万円を手にするという番組。

 以前違うコラムで少し紹介したことがあるが、今回はこの番組についてより深く元芸人目線で分析していく。

 このような芸人やバラエティ番組を書くコラムであるなら、もっと早く記事にしていてもおかしくない番組だが、番組の内容が芸人受けが強いというか、どこか一般向けでは無い気がしてなかなか書くことが出来なかった。

 ではなぜ今回この番組に焦点を当てたかというと、芸人が参加するドキュメンタルではなく、去年の10月と今年の6月に放送された「まっちゃんねる」(フジテレビ)内で放送された芸人以外の女性だけを集めて競わせた”女子メンタル”、同じく6月に放送されたイケメンだけを集めた”イケメンタル”を見て感じたことがあり、思い切って書くことにした。

 まずは”女子メンタル”から分析してみよう。

123

松本人志はなぜ笑い続けるのか? 元芸人が解説する「女子メンタル」「イケメンタル」に散りばめられたお笑い技術とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

東京月島高利便性の半面で心配は…

今回は、予想を超え、大いに盛り上がり、一時は物々...…
写真
インタビュー

YOAK広本敦さんインタビュー

 2月上旬に、ある女性がツイッターに投稿した発言が話題になった。その趣旨は「メンズレ...
写真