日刊サイゾー トップ > カルチャー > 映画  > 相葉雅紀主演ホラー映画を賞賛

相葉雅紀『“それ”がいる森』映画サイト軒並み酷評が「嘘だろ!?」な面白さ

文=ヒナタカ

相葉雅紀『それがいる森』映画サイト軒並み酷評が「嘘だろ!?」な面白さの画像1
嵐・相葉雅紀

 9月30日より相葉雅紀主演のホラー映画『“それ”がいる森』が公開中だ。初めに言っておくと、本作の全体的な評価は決して芳しくない。というより、口を極めて罵っている人も多い状況だ。実際に10月上旬現在、映画.comでは2.6点、Filmarks2.5点などと、レビューサイトの点数はかなり厳しい。

映画.com
https://eiga.com/movie/96728
Filmarks
https://filmarks.com/movies/102410

 だが、実際に筆者が観たところ「めちゃくちゃ面白いじゃないか!」「超楽しいじゃん!」と大満足できた。いや、本作を酷評する人の気持ちも、後述する理由でとてもよくわかる。だが、見方を変えればエンターテインメントとしては十分ちゃんとしている、憎めないキュートな作品だと思うのだ。

 そして、本作はいわゆる「ネタバレ厳禁」な内容でもある。それはラストのどんでん返しではなく、映画全編のいちばんの特徴かつ魅力で、一方で困惑する人もいる大きな理由でもある。それが、公式サイトや予告編などでは完全に隠されているのである。

 この「公式がわざわざ隠してくれる」試みに、ぜひ観客も乗ってあげるべきだろう。それは悪意のある裏切りなどではなく、「サプライズも含めて楽しんでいってね!」という気概そのものなのだから。ここでもそのネタバレ厳禁要素を隠しつつ、「こう認識すれば楽しめると思うよ!」なポイントを記していこう。

『大怪獣のあとしまつ』とは全く違う

 作品を観た上であれば、どんな意見があっても良いとは思うものの、先にどうしてもこれだけは反論しておきたいことがある。それは、この2022年において悪い意味で伝説と化した映画『大怪獣のあとしまつ』と「どっちがひどいか」などと比較して語られていることである。いや、確かに「予告編と本編の印象が異なる」という点では共通しているかもしれないが、実際の両者の特徴はぜんぜん違う!

 『大怪獣のあとしまつ』は短絡的なギャグを無尽蔵に入れ込み、巨大怪獣ものやその他もろもろを批評的にみる、いや正統派なエンタメを否定していくような、監督自身が「出オチのような映画」とさえ言うとんでもない内容であり、それを持って唯一無二の作品だった。

 対して『“それ”がいる森』は、後述するようにホラー映画の定石はむしろ丁寧なほどに踏襲している、王道とも言ってもいい作劇がされている。さらに終盤には見た目にも派手な展開があるし、何より後述する理由で下手なコメディ映画よりも笑える。何より(ネタバレ厳禁の)題材に対しては真摯に向き合っているし、観客に楽しんでもらおうとする気概が十二分に見受けられる。『大怪獣のあとしまつ』と比べるような内容ではないのだ。

1234

相葉雅紀『“それ”がいる森』映画サイト軒並み酷評が「嘘だろ!?」な面白さのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

『スーパーパンプト』が痛快すぎる!

 U-NEXTで配信中の『スーパーパンプト/...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真