日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > フジ、7クール連続民放連ドラ最下位

低迷フジテレビ、4月期もドラマ全滅……3クール連続でオール1ケタ! 7クール連続で民放連ドラのビリ

フジテレビ

 4月期の民放プライム帯のすべての連ドラが終了した。全話平均視聴率のトップは、嵐・二宮和也主演の『ブラックペアン』(TBS系)で14.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)をマーク。一方、テレビ東京系を除いた中でビリとなったのは、ディーン・フジオカの連ドラ単独初主演作となった『モンテ・クリスト伯─華麗なる復讐─』(フジテレビ系)で、6.2%で、深夜ドラマ『家政夫のミタゾノ』第2シリーズ(TOKIO・松岡昌宏/テレビ朝日系)の6.7%をも下回ってしまった。

 ディーンは昨年10月期の『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)で、武井咲とのダブル主演の形で、初の連ドラ主演を務めたが、6.2%と大不振。これで、主演ドラマの視聴率が2作連続で6%台では、当分プライム帯での主演オファーは望めそうにない。

 深刻なのは、ディーンのみならず、低迷が続くフジだ。4月期も、『モンテ・クリスト伯』のほか、長澤まさみ主演の月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』が8.9%、坂口健太郎の連ドラ初主演作『シグナル 長期未解決事件捜査班』(火曜午後9時~)が7.8%で全滅。これで、フジのドラマは昨年10月期以降、3クール連続でオール1ケタ台の惨状だ。

 さらに、問題なのは、フジのドラマが毎クール、民放プライム帯の連ドラ(テレビ東京系は除く)の中で視聴率最下位が続いている点だ。

 2016年10月期に、天海祐希主演『Chef~三ツ星の給食~』が7.1%で、よもやのビリになると、以後、小雪主演『大貧乏』(昨年1月期)、観月ありさ主演『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(同4月期)、真木よう子主演『セシルのもくろみ』(同7月期)、井上真央主演『明日の約束』(同10月期)、芳根京子主演『海月姫』(今年1月期)と、フジのドラマがワースト視聴率を記録。4月期で、ついに7クール連続で“最下位ドラマ”を生み出す惨たんたる結果となった。

 来る7月期、フジのドラマは、沢村一樹主演『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』(月9)、吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』(火9)、山崎賢人主演『グッド・ドクター』(木10)のラインナップで臨む。

 過去の2シリーズが好評だった『絶対零度』は、主演だった上戸彩が、“特別出演”の形で脇役に回り、沢村が主演となってしまったのが不安要素。『最低限度の生活』『グッド・ドクター』は、いずれも若手が主演とあって、どうしても“ビリ”がちらついてしまう。

 なんとか、7月期こそ負の連鎖を断ち切ってほしいものだが、2ケタ取る可能性がありそうなのは、かつての実績がある『絶対零度』だけか?

(文=田中七男)

最終更新:2018/06/28 06:00

低迷フジテレビ、4月期もドラマ全滅……3クール連続でオール1ケタ! 7クール連続で民放連ドラのビリのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

地域クリニックが医療崩壊の危機

 芸能だけではなく、医療分野でも長年取材を続...…
写真
インタビュー

人間の本性としての暴力と協力

――人間はどこから来たのか 人間は何者か 人間はどこに行くのか――。最先端の知見を有...
写真