日刊サイゾー トップ > 芸能  > 下ネタを連発する清純派アイドル

清純派アイドル・吉川友の路線変更が話題「下ネタキャラに転向したのかな?」

吉川友 Instagram(@kikkawayou_official)より

 6月30日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)に、清純派アイドルとしてお馴染みだった吉川友が登場。アイドルとは思えない“下ネタ”を連発し、「いつの間にこんな…」と視聴者をざわつかせている。

 吉川友といえば、かつてはハロプロエッグ(現・ハロプロ研修生)として活動。アニメ『きらりん☆レボリューション』の声優ユニット「MilkyWay」としてCDをリリースし、当時の子どもやアニメファンにも知名度を広げた。2011年にはCDシングル「きっかけはYOU!」でソロデビュー。続く2ndシングル「ハピラピ ~Sunrise~」は、オリコンランキング4位にランクインしている。

 そんな彼女は同番組で、“体操が気持ち悪い”ことを反省。下半身の関節が非常に柔らかく、ファンを引かせてしまうという。実際にスタジオでは、仰向けに寝そべった状態で膝の関節を180度曲げる“逆M字開脚”を披露。見たことのない体勢に、共演者からは悲鳴が巻き起こっていた。

「今回吉川は、胸元が開いた赤い衣装とバッチリメイクで登場。この時点でかつてのファンは『なんかしばらく見ない間にケバくなった』とげんなりしてしまったようです。さらに彼女は、番組で意味深な言葉を連発。下半身だけが柔らかいことを『ゆるいんです、股が』と言ったり、『もし役に立つとしたら夜の営みくらい』と自虐していました。これにはMCの有吉弘行は『アイドルっぽくないよね意外と』と驚いた模様。ネット上では『下ネタキャラに転向したのかな?』『清純派とはなんだったのか…』『アイドルとしてこれはどうなの?』といった声が上がっています」(芸能ライター)

 放送内で吉川は、タレント・ぱいぱいでか美の衣装に着替えて番組後半に再登場。胸元にハートマークの穴が開いたセクシーな衣装を披露した。下ネタで散々場をかき乱した吉川だが、これには視聴者も「最高にエロい」「やっぱり吉川っていい乳してるな」と納得。とても“清純派”とは呼べない現在の彼女の姿が、無事世間に広まったようだ。

「以前から吉川は、一部ファンの間で“黙っていれば清純派”“中身がおっさん”などと言われてきました。アイドルにしては発言がかなり明け透けで、2016のバースデーイベントでも『肉食系女子としてやっていきたい』と抱負を語っています」(同)

 ちなみに彼女は、「8月8日はぱいぱいの日! ~わがままBODY頂上決戦~」というイベントでぱいぱいでか美と共演する。『有吉反省会』で吉川は「今でも清純派」と言っていたが、その路線はさすがにもう厳しいかもしれない。

最終更新:2018/07/02 19:00
こんな記事も読まれています

清純派アイドル・吉川友の路線変更が話題「下ネタキャラに転向したのかな?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

「7.22銃乱射事件」が映画化

 日本人にとって「3.11」は東日本大震災と福島第一原発事故を思い出させる重い数字と...
写真