日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 狩野英孝に不祥事タレント続出の余波

狩野英孝“謹慎明け1年”でも本格復帰ならず……「未成年不祥事タレント」続出の余波か

狩野英孝オフィシャルブログより

 謹慎期間が明けてから丸1年が経過したお笑い芸人の狩野英孝が、逆風に立たされている。

 狩野といえば、2011年に結婚した一般女性と14年に離婚。16年には歌手・川本真琴とタレント・加藤紗里との二股疑惑が明るみとなり話題を呼んだ。

 また17年1月には、当時17歳だった女子高校生とSNS上で知り合い交際に発展、淫行疑惑が週刊誌に報じられた。その報道翌日に所属事務所が謹慎処分を発表。同年7月にAbemaTVの番組『必殺!バカリズム地獄』の生放送で復帰を飾るまで、謹慎生活を送っていた。

 その番組出演から1年となる狩野だが、ほとんどテレビに出演することがなくなっている。そのワケとは……?

「好感度が大きく下がり、女性に嫌悪感を与えると、テレビ局側が出演を見合わせているようです。6月27日に開かれた『フジ・メディア・ホールディングス』の株主総会では、株主から『狩野英孝のような、性犯罪などの不祥事を起こしたタレントを出演させないでほしい』といった意見が出され、業界に衝撃が走りました。先輩芸人からかわいがられているので、自分の番組に狩野を起用したがっている芸人はたくさんいるのですが、そういった背景もあって、実現が難しくなっているのでしょう」(芸能関係者)

 また、他の芸能人の不祥事も、狩野の動向に大きな影響を与えているという。

「TOKIOの元メンバー山口達也の強制わいせつ事件や、NEWSの小山慶一郎、加藤シゲアキによる未成年女性との飲酒疑惑が発覚したことで、同様のトラブルを起こした狩野を使いづらい状況にもなっています。未成年女性絡みの不祥事について世間の目が厳しくなっているので、しばらくの間は、目立った活動はできないでしょう」(同)

 天然キャラとイジられ芸で一世を風靡した狩野だが、完全復活への道のりは険しそうだ。

最終更新:2018/07/11 10:00
こんな記事も読まれています

狩野英孝“謹慎明け1年”でも本格復帰ならず……「未成年不祥事タレント」続出の余波かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

『君の名は。』Pが語るアニメ界の課題

 国内だけで興収250億円、世界興収で3億5,800万ドルを稼ぎ出し、日本映画最大の...
写真