日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > 高学歴モンスターに対処法なし

モリカケ問題も豊田真由子元議員も「エリートにありがちな話」 “高学歴モンスター”に対処法なし!

高学歴モンスター 一流大学卒の迷惑な人たち』(小学館新書)

 モリカケ問題などで、日本における最高峰のエリートであるはずの官僚や政治家たちが平気でウソをついたり、責任を転嫁する様子を見ていると、思わずあぜんとしてしまう。あまりの横暴さ、ずさんさに、旧帝大を卒業しているような人々が、いったいなぜ……? と不思議に思ったことがある人も多いだろう。実は、そんなエリートたちがたどってきた華々しいキャリアと人格には相関があり、彼らだからこそ陥りやすい「モンスター化」の要因があるという……。

 精神科医の片田珠美氏による著作『高学歴モンスター 一流大学卒の迷惑な人たち』(小学館新書)は、政治家や医師、弁護士らの豊富な事例を用いながら、そんな困ったエリートたちを分析した一冊。いったい、彼らはなぜ「モンスター」となってしまうのか? そして彼らに遭遇したら、どう対処すればいいのだろうか? 

 2017年に報道された豊田真由子元衆院議員のスキャンダルは、世間の耳目を集めた。「鉄パイプでお前の頭を砕いてやろうか!」「このハゲー!」など、秘書に対してパワハラ発言の数々を浴びせていた彼女。さらに、園遊会に出席した際には、本来認められていない同伴者を入場させようとして一悶着を起こしていた。東大法学部を卒業し、旧厚生省の官僚から衆院議員に転身という輝かしい経歴を持つ彼女だが、その問題行動の数々は「高学歴エリートにありがちな話」であると、片田氏は分析する。

 一体、どういうことなのか?

 秘書に対して暴言を浴びせかけ、自分の都合が悪くなると「現実否認」と「自己正当化」を繰り返した豊田元議員。片田氏によれば、地位や名誉などを失う「喪失不安」や、自己愛が傷つくことを恐れるあまり、現実を受け入れられず願望を現実のように思い込む「幻想的願望充足」の心理状況などが、豊田元議員の言動から推測されるという。また、エリートたちはなまじ頭がよく弁が立つために、現実否認を続けることによって周囲を信じさせられると、自己の能力を過信してしまう……。そんな特質が、彼らの「モンスター化」を加速させるというのだ。

 豊田元議員以外にも、原発事故の自主避難者に対して「本人の責任」と発言し復興相を辞任した今村雅弘衆院議員、不倫疑惑が報じられた弁護士を政策顧問に起用した山尾志桜里衆院議員など、エリートの持つ特権意識や能力の過信があだとなり、非難を浴びる人間は枚挙にいとまがない。だが、そんな高学歴エリートたちの横暴は決して対岸の火事ではない。本書では、著者が接したり見聞きした、世間に紛れ込む迷惑な高学歴エリートの実像を描いている。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

モリカケ問題も豊田真由子元議員も「エリートにありがちな話」 “高学歴モンスター”に対処法なし!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

韓国版「東武WS」の廃墟感

 ソウル市のお隣・富川(プチョン)市にある、...…
写真
インタビュー

最恐メンタル、クロちゃんの真実

 単なるウソつきか、それともモンスターなのか――。仕掛けるたびにスタッフすら...…
写真