日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 肛門から挿入したナスが心臓に到達

肛門から挿入したナスが、心臓近くにまで到達! 勘違いだらけの民間療法にすがる中国人

手術の結果、摘出されたナス

 電球やウナギ、徳利などなど、肛門に異物を挿入して取り出せなくなってしまう中国人について、当サイトでは幾度も報じてきた。しかし今回、異物が到達した深度ではおそらく過去最高と思われる記録が打ち立てられた。

 中国国内の病院に勤務する人物がSNSに投稿した書き込みによると、先月、50代の男性が腹部の激しい痛みを訴えて来院した。嘔吐、発熱などの症状がみられ、腹部は不自然に膨れ上がっていたという。男性は担当医師に対し、「4日間悩んでいた便秘を治すため、2日前にナスを肛門から挿入したところ、誤って全部入ってしまい、中で詰まって取り出せなくなった」と告白。早速、医師がX線撮影したところ、なんと巨大なナスが腸を突き破り、心臓近くにまで達していることが判明した。

X線に写るナス。心臓近くにまで達していた

 早速、緊急手術が行われ、ナスは摘出されたが、ナスにふさがれて腸にたまっていた大便の悪臭が手術室に充満したという。摘出されたナスの長さはおよそ30cmで、投稿された写真を見ると直径にしても4cmほどはありそうな立派なサイズである。

 現在、男性の健康状態は快方に向かっているというが、ネット上では今回の事件について「ナスが心臓までって、人類の歴史上初めてじゃないのか」などと話題となっている。

 前述の通り、肛門への異物挿入事件が相次ぐ中国だが、その理由について中国事情に詳しいフリーライターの吉井透氏は話す。

「近年、中国では経済成長に伴い、人々の食生活が野菜中心から肉中心へと変化していることを背景に、便秘が国民病となっている。そんな中、民間療法として肛門に異物を入れる行為がひそかに広まっているようです」

 便秘の中国人には、野菜を肛門に入れるのではなく、食べることを心がけてほしいものだ。

(文=青山大樹)

最終更新:2018/07/19 14:00
関連キーワード

肛門から挿入したナスが、心臓近くにまで到達! 勘違いだらけの民間療法にすがる中国人のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

人口流出の自治体がみるべき現実

 いま日本各地で注目を浴びる「地方創生」。2020年からは、政府が策定する「まち・ひ...
写真