日刊サイゾー トップ > 芸能  > Koki,のブレイクを妨げる2つの要因

キムタク次女・Koki,は、単なる“出オチ”!? ブレイクを妨げる2つの要因とは……

Koki,のインスタグラム(@kokiofficial_0205)より

 颯爽とデビューしたものの、出オチで終わりそう?

 7月14日、木村拓哉と工藤静香夫妻の次女・Koki,が自身のインスタグラムを更新。表情が父親にそっくりだと注目を集めている。

 女性ファッション誌「ELLE JAPON」(ハースト婦人画報社)7月号の表紙で鮮烈なモデルデビューを飾ると、大反響。たちまちインスタグラムのフォロワー数は100万人を突破しているが、その勢いには早くも陰りが見られるという。

「Koki,というより母親の工藤の人気がだだ下がりで、その巻き添えを食っている形です。娘のプロデュースを工藤が請け負っているほか、自身のアルバムにKoki,が作曲した楽曲を収録するなど、娘を自分の宣伝に使っているとしか思えないとして批判を浴びました。7月3日深夜にKoki,が工藤とのツーショット写真を投稿した際には、『お母さん、あまり娘アピールしないほうがいい 娘さん、叩かれ始めるよ』『静香は出てこないほうがいいのでは…なんか安っぽいイメージになっちゃう』『私生活とかプライベートな一面は見せないほうがよかったと思う』とブーイングを浴びています。Koki,にもその声は届いているようで、最近は母親から独立したがっていると聞きます」(業界関係者)

 また、広告代理店関係者は、母親以外にもKoki,のブレイクを妨げている大きなマイナス要因があると指摘する。

「はっきりいって、芸名がよくないですね。最後のカンマは、“アクセサリーみたいでかわいい”という彼女のこだわりで添えられたそうです。しかし、『,』が入る名前は記事やラテ欄を作る側からするとややこしい。正式には『o』の上に付く『-』も変換が面倒ですし、ネット上で正しく表示されない場合もあります。紙にしても特別に指定しなければならず、手間がかかります。彼女の本名は『光希(みつき)』で、英語圏を含む諸外国では『つ』という音が発音しにくいため『こうき』になったといいますが、『こうき』という響きで世間が真っ先に思い出すのは『亀田興毅』ですから、いちいち『キムタクの娘』と説明しなければならない。スポンサー受けもイマイチです」

 もういっそのこと、芸名ごと「キムタク娘」としてくれたほうが、世間もスッキリするかもしれない!?

最終更新:2018/07/19 22:30
こんな記事も読まれています

キムタク次女・Koki,は、単なる“出オチ”!? ブレイクを妨げる2つの要因とは……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

話題の“伝説の不良”の素顔

 平成最後の年の暮れ。『歌舞伎町 阿弥陀如来』という自らの半生を綴った著作を刊行し、...
写真