日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > ドラマ版『この世界の片隅に』が窮地

ドラマ『この世界の片隅に』、映画版の製作委員会に関与を否定され窮地に!?

TBS系『この世界の片隅に』番組公式サイトより

 7月24日、劇場用長編アニメ『この世界の片隅に』の公式アカウントで、同映画の製作委員会が声明を発表。現在TBS系で放送されているドラマへの関与を完全に否定した。

 映画版、ドラマ版ともに、原作はこうの史代の漫画「この世界の片隅に」(双葉社)。映画は女優・のんを主役の“すずさん”役に据え、2016年に公開。2018年7月現在でも一部の映画館で上映されており、異例のロングランを記録している。

 一方でドラマ版の主演女優は松本穂香。こちらは7月15日より放送されているのだが、クレジットには「special thanks to 映画『この世界の片隅に』製作委員会」の表記が。これに映画版の製作委員会はTwitterで、「現在放送中の漫画『この世界の片隅に』を原作とする実写ドラマに『special thanks to 映画「この世界の片隅に」製作委員会』と表記されておりますが、当委員会は当該ドラマの内容・表現等につき、映画に関する設定の提供を含め、一切関知しておりません」と発表した。

「今回のクレジット問題に、『この世界の片隅に』のファンからは『映画へのリスペクトがあって良いなって思ってたけど、これにはがっかり』『なんで一言“クレジットに入れます”って連絡しなかったんだろう』『アニメ映画を下にみてる』『TBSそういうとこだぞ?』といった声が続出。もともとドラマ版には主演の交代など、映画版ファンをモヤっとさせる要素があったのですが、“special thanks”の表記でなんとか納得させていたような印象を受けます。しかしこれが“無許可”で使用されていたとあっては、ファンが怒るのも当然でしょう」(芸能ライター)

 とはいえ原作はあくまで“漫画”なので、ドラマ版が独自の方法で映像化を実現しているのならまだ傷は浅い。しかし視聴者からは早くも、映画版との“類似”が指摘されているという。

「ネット上では『映画版とほとんど同じカット割りがある』『すずさんの服の色が映画と同じ』といった書き込みが。映画評論家で脚本家の町山智浩も、Twitterで『同じ原作を映像化する際、映画版の考証を利用するなら片渕監督の許可が必要だと思います』とコメントしていました」(同)

 アニメ版のオリジナル要素や考証は、実際にどの程度ドラマ版で使われているのだろうか。視聴者が本格的に“粗探し”を始める前に、なんとか両者で折り合いをつけてもらいたい。

最終更新:2018/07/25 19:00
こんな記事も読まれています

ドラマ『この世界の片隅に』、映画版の製作委員会に関与を否定され窮地に!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

瓜田純士の夫婦喧嘩が映画で解決!?

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(38)が、愛妻と共に映画の感想を語り合う不定...
写真