日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『水ダウ』の社会派企画が大反響

『水曜日のダウンタウン』で社会派企画を放送! 喫煙者のポイ捨て問題を指摘して大反響

水曜日のダウンタウン 公式サイトより

 7月25日に『水曜日のダウンタウン』(TBS系)が放送された。検証した説がいつになく社会派なものになり、視聴者から関心を集めている。

 今回番組が検証したのは、「国道1号線に落ちてるポイ捨てタバコのフィルターを拾いながら歩いたら名古屋くらいでそばがら的なマクラ完成する説」。落ちているタバコを拾ってフィルターを取り出し、それを集めて“そばがら枕”のようなものを作るという。

 さっそく芸人のあかつが日本橋からスタートし、タバコを拾いながら歩いていく。すると予想以上のハイペースでタバコを拾い集めることに。数メートルの植え込みからはなんと58本も吸い殻が捨てられていることが発覚し、VTRを見ているスタジオではどよめきが上がった。

 しかし桜田門駅周辺に差し掛かると、まったく吸い殻が落ちていない。警視庁の目の前だから、歩きタバコをする人がいないとあかつは推測。結局1日目は13時間かけて19kmを歩き、1,461本もの吸い殻を回収した。その後も歩みを進めていくとタバコを拾い集めるあかつに通行人が感謝の声を投げかけ、だんだんこの説は『水曜日のダウンタウン』らしからぬ社会派な企画に。

「温かい声をかけられることもあったのですが、小田原ではあかつの目の前で車からタバコを投げ捨てる輩も現れています。これにはスタジオで、『最悪……』『これは酷いな』『こんなやつおんのや……』『なんてやつらだ』とドン引きの声が続出。そんな中でも最終的にあかつは9日間かけて浜松までたどり着き、1万本の吸い殻を回収してマクラを完成させていました」(芸能ライター)

 この説に対してネット上では、「凄い考えさせられる企画になった」「あかつの前でポイ捨てしたやつマジで許せん。こういうやつがいるから喫煙者のイメージが最悪なんだよ」「マジでタバコ何本落ちてるんだ……。喫煙者は吸うところ規制されて当然」「警視庁の前だけタバコ落ちてないのが気持ち悪い。みんな悪いとわかって捨ててんだよね……」といった声が上がっている。

「あかつはこれまでにも、さまざまなゴミ拾い企画に挑戦しています。“国道1号線に落ちている服を拾い集めながら歩いて、全身のコーディネートに挑戦”“ペットボトルを拾い集めて船を作り、津軽海峡横断に挑戦”などを敢行。その都度ゴミの多さに視聴者から驚きの声が上がっていました」(同)

 5月に放送した芸人を連れ去る企画では、警視庁から厳重注意を受けていた『水曜日のダウンタウン』。批判が集まった後に、こういった社会派企画で好感度を取り戻すところが凄い。

最終更新:2018/07/26 19:00
こんな記事も読まれています

『水曜日のダウンタウン』で社会派企画を放送! 喫煙者のポイ捨て問題を指摘して大反響のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

瓜田純士が見た、映画『孤狼の血』

“キング・オブ・アウトロー”こと作家の瓜田純士(38)が、森羅万象を批評する不定期連載...
写真