日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『高嶺の花』“あの人”の顔に不快感……

『高嶺の花』石原さとみのキスシーンに「美しい!」と歓喜の声も、視聴率は急落……クセの強い“あの人”の顔が原因か

『高嶺の花』公式ホームページより

 石原さとみ主演ドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)の第3話が7月25日に放送され、平均視聴率は8.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)を記録。前回から1.4ポイント減しました。

 初回平均視聴率11.1%の好調スタートが、まるでウソだったかのように急減していく一方の同ドラマですが、今回は見せ場がありそこに賞賛の声が殺到! 

 ではでは、あらすじから振り返っていきましょう!

(これまでのレビューはこちらから)

■傷付いた心を舐めあうももと直人……

 いつまでたっても婚約破棄の傷を癒やせずにいるもも(石原)。そんな彼女を見て、直人(峯田和伸)は励まそうとするが、逆に怒らせてしまう。そんな中、ももは、龍一(千葉雄大)がセッティングした雑誌取材を受ける。龍一は撮影現場でももと連絡先を交換し、近づくことに成功する。

 一方、ももの周りでは不穏な雰囲気が。元婚約者の吉池拓真(三浦貴大)が現れ、吉池の妻が月島流関係者だと判明。ももは父・市松(小日向文世)を問い詰めると、ももが結婚し月島家を出て行こうと考えていることを知って、吉池に他の女をあてがい、婚約を破談と追い込んだと白状する。それを知ったももは動揺し、再び心に傷を負ってしまう。

 ある日、ももと直人は植物園へ行った。そこで、直人は泣きながらトラウマになっている自分の父親のことを告白。その姿を見たももは優しくキスをするのだった、と言うのが3話の内容でした。

■要素を詰め込みすぎて頭の中が大混乱!!

 3話通して同ドラマは、いろいろと詰め込みすぎてどれも中途半端になってるとの印象を受けました。登場人物が他のドラマに比べ多く、その上、話がコロコロ変わり、一体に何がメインの話なのかわかりづらいんです。ももの破談の話や龍一が月島家を狙っている話、引きこもり男子の話、ももと直人の恋模様、そして、今回はそこに直人の心に負ったトラウマの話が加わり、要素が多すぎて、重要な部分が頭に入ってこない。さらにセリフは説教じみていて見ているこっちが疲れてくる。1話につき正味50分ぐらいの放送なんですが、1時間半の放送に感じる。はっきり言って“拷問”です。

 ネットでも、これを指摘する声がわんさか上がっており、「いっぱい詰め込みすぎて古臭い」「手当たり次第、人気でそうな話を盛り込んだ感じ。反響小さかった話をそぎ落としていくつもりなの!?」「話がコロコロ変わりすぎてついていけない」という意見が聞こえていました。

 また、美女とさえない男の恋愛ドラマという触れ込みだったため、視聴者の中には『101回目のプロポーズ』や『やまとなでしこ』(ともにフジテレビ系)みたいな内容を期待していた人も多かったよう。しかし、ももと直人が一緒にいるだけのシーンを延々とやっているため、「石原が峯田に惹かれていく過程がよくわからない」と困惑しているといった様子。

 いっそのこと、次回からももと直人の恋模様に的を絞って、「ライバル出現」「家柄問題」という話を1話ごとに絡めて行くというほうが、見やすい上に頭に残りやすいような……。こっちの方が視聴者にウケるのではないかと思ってしまいました。


12
こんな記事も読まれています

『高嶺の花』石原さとみのキスシーンに「美しい!」と歓喜の声も、視聴率は急落……クセの強い“あの人”の顔が原因かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

『君の名は。』Pが語るアニメ界の課題

 国内だけで興収250億円、世界興収で3億5,800万ドルを稼ぎ出し、日本映画最大の...
写真