日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > KEN☆Tackey「U.S.A.」の様に行かず……

KEN☆Tackeyデビューシングル1位獲得も、話題にならず……大ヒットDA PUMP「U.S.A.」との違いとは!?

「逆転ラバーズ」 (初回盤B)

 V6の三宅健と滝沢秀明による新ユニット・KEN☆Tackeyのデビューシングル「逆転ラバーズ」が、7月30日付のオリコン週間シングルランキングで初登場1位を獲得した。

「『逆転ラバーズ』は、サビの『Can touch it! Can touch it! Can take it!』が、『ケンタッキー! ケンタッキー! ケンタッキー!』と言っているように聞こえる仕掛けもあり、『ケンタッキー・フライドチキン』のCMソングにもなっていて、発売1カ月前からテレビでパワープレイ状態となっていました。また、MVに人気のジャニーズJr. 16名を起用したのも、彼らのファンをも取り込んで売り上げにつなげようという狙いがあったことは見え見えで、これで1位が取れなかったら大問題となるところでした」(レコード会社関係者)

 近年まれに見る一大プロモーションが展開され、狙い通りにチャート1位を獲得したわけだが、これは果たしてヒット曲と呼べるのだろうか?

「御用マスコミは盛んに『1位だ、1位だ』と煽り立てていますが、ニワトリのトサカをモチーフにした振り付けが話題になることもなければ、DA PUMPの『U.S.A.』のように、動画再生回数が話題になることもない。結局、ジャニーズファン以外への広がりはなさそうです」(同)

 ダジャレのような歌詞と、わかりやすい振り付けは、まさに「U.S.A.」にも通じる、“ダサかっこいい”路線を狙っているようにしか見えないが、

「2人の歌、ダンスに基本的な力量がなく、企画性を超える魅力を感じさせてくれないので、一般の印象は『いつものジャニーズの曲ね』止まりで、『かっこいい』まで評価が届きません。対してDA PUMPは『ダサい』とイジられても、それを認めて受け入れながら、ISSAの圧倒的な歌唱力と、キレのあるダンスで『かっこいい』に昇華させることができたため、むしろ積極的に『ダサい』をアピールするプロモーションが成功しました。ただ、そもそもジャニーズに、『ダサい』というイジリはあり得ませんから、企画自体が上滑りしていますよね。6月6日の発売から2カ月たってもブームが続く『U.S.A.』のような跳ね方をすることは、今後もないでしょう」(音楽関係者)

 要は、ユニット名と企業名の“ダジャレ出オチソング”で、それ以上の味わいがないということか。数カ月後には、ジャニーズファンも忘れてしまっているのでは――。

最終更新:2018/07/27 13:00
こんな記事も読まれています

KEN☆Tackeyデビューシングル1位獲得も、話題にならず……大ヒットDA PUMP「U.S.A.」との違いとは!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

好感度の高い優良企業の不祥事!!

 神々のたそがれならぬ、日本企業のたそがれなのか。人気女優・宮崎あおいが2007年か...
写真