日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 加藤シゲアキのドアップがつらい…

加藤シゲアキのドアップがつらい……『ゼロ 一獲千金ゲーム』テンポ&緊張感が足りない!?

日本テレビ『ゼロ 一獲千金ゲーム』

 前回のレビューで「NEWSのことが好きじゃないと見ていてつらいドラマ」と評した『ゼロ 一獲千金ゲーム』(日本テレビ系)。7月22日放送の第2話では、その傾向に拍車がかかったように思う。というのも、1時間の約半分が、主演・加藤シゲアキの顔のドアップで終わったのだ。

■第2話のあらすじとゲーム内容

 加藤扮する宇海零、通称“ゼロ”たちは、資産100兆を超える実業家・在全無量(梅沢富美男)の後継者を決める選抜ゲームの本選へと勝ち進む。会場「ドリームキングダム」には20以上のゲームがあり、どのゲームに参加するかは、本人の意思で決めることが可能。各ゲームをクリアするとリングを獲得でき、ゲームの難易度によって受け取るリングの数は異なる。最終的に、このリングを4つ集めた者が王になれるというルールである。

 一挙にリングを2つゲットできる「マイルド」をあっさりクリアした標(佐藤龍我)とゼロ、在全は2人を名指しして「王になる可能性を感じる」と断言。そして、2人に直接対決を指示した。勝負場所として指定されたのは、「クォータージャンプ」なるゲームだ。

 ゼロは顔全体を覆うマスクをかぶされた状態でエレベーターに乗せられ、手を引かれ、50メートル上空に誘われる。到着したのは、小さめの正方形の台。台から若干離れた向こう側には、4つのエリアがある。そのうち3方向にあるのは壁、すなわち「OUT」。そして、1方向にだけは「SAFE」エリアが設けられている。どの方向が「SAFE」なのか、目隠ししたまま推理してジャンプする、これが「クォータージャンプ」の内容だ。推理が当たっていれば生き残れるが、「OUT」にジャンプすると奈落の底に落ちて即死。生存率25%の危険なゲームである。

 要するに、ゼロは覆面をかぶったままゲームに挑戦するわけだ。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed