日刊サイゾー トップ > 芸能  > 徳井の熱愛で“アローン会”が変化

徳井義実の“アローン会”復帰にざわつく人々「ももとの熱愛報道はどうなった!?」

岡村隆史 公式インスタグラム(@okamuradesu)より

 7月26日放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、岡村隆史が徳井義実について言及。先日「チャラン・ポ・ランタン」のボーカル・ももとの熱愛が報じられた徳井が、アローン会に復帰したことを発表した。

「アローン会とは、独身を“こじらせた”芸能人が集う会のことです。メンバーで会長の今田耕司が『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)で語った話によると、発足当初のメンバーは今田、岡村、徳井、又吉直樹の4人。ある日彼らが飲んでいる時にLINEグループを作り、『彼女ができたら、そっとグループから退会する』という約束のもとでアローン会が結成されました」(芸能ライター)

 ラジオで岡村は、「なんと、ハンサム徳井がアローン会に戻ってまいりました」と告白。今年5月にももとの“自宅デート”を「女性セブン」(小学館)に報じられていたため、SNSなどでは「もしかして別れたのか?」との声も上がっていた。しかし徳井とももの関係に何かがあった訳ではなく、アローン会の“規約”が変わっただけだという。

「6月14日の放送回で、岡村は徳井の“抜け駆け”を責め立ててしまったと反省。そのことが原因で、徳井が退会してしまったことも明かしていました。しかし今回の放送でのトークによると収録の前日、今田、岡村、又吉の食事会が実現。会場に岡村が到着するとそこに徳井の姿があり、開口一番『ごめんな!』と謝ったそうです。その後4人での話し合いの末、“アローンではなくなる時”を“結婚した時”と再定義。そのため彼女ができただけの徳井はまだ“アローン”なので、再び会員として温かく迎えられました」(同)

 徳井のアローン会復帰に、リスナーからは「徳井さんおかえり!」「色々あったけど戻ってこれてよかった」といった祝福のコメントが寄せられている。

「今年5月に『バチェラー・ジャパン』という番組の記者会見で、ナビゲーターを務めた今田はアローン会について言及。この時点で退会していた徳井に向けて、『席はまだ空けています』と呼びかけていました。それから2カ月ほど経ってしまいましたが、今回無事に徳井が復帰してメンバーの結束はさらに高まった様子。7月27日に岡村はInstagramに、アローン会4人が勢ぞろいした写真を投稿しています」(同)

 一方でネット上では「アローン会が居心地よすぎて結婚できないのでは?」といった指摘も。徳井には是非とも“ゴールイン”して、正式な“退会”を発表してもらいたい。

最終更新:2018/07/27 15:30
こんな記事も読まれています

徳井義実の“アローン会”復帰にざわつく人々「ももとの熱愛報道はどうなった!?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

瓜田、ジャニーさんの少年愛に持論

 解散、脱退、不祥事など、このところジャニー...…
写真
インタビュー

横浜銀蝿・翔が語る、バンド誕生秘話

 1980年、リーゼントにドカンという不良まんまの姿でブラウン管に登場し、世の大人たち...…
写真