日刊サイゾー トップ > 社会  > 全国で開発が進む「昆虫を使ったメニュー」
【虫写真注意!】

広がるブームと共に……全国で開発が進む「昆虫を使ったメニュー」の数々

 近年、新たな食としてブームになっているのが昆虫食である。公園や野原どころか、時には家の中でも、当たり前に見かける昆虫は、実は栄養素が豊富な上に美味いのである。

 昨年12月から今年5月までのロングランとなり、本サイトでも報じた長野県伊那市にある伊那市創造館で開催された「大昆蟲食博」(https://www.cyzo.com/2017/12/post_146071_entry.html)。ここには、伊那市では現在も食べられている、ざざ虫や蜂の子などの昆虫食が数多く集められ、全国各地から人が集まる盛況ぶりを見せた。

 もともとは、全国各地で食べられていたとされる昆虫だが、それが今でも日常である伊那市の食習慣は知らない人が見たら驚くかもしれない。

 この街の交通の要衝であるバスターミナルに併設された、みやげ物店兼カフェである「ここい~な」では、シーズンになると店内の一番よいところに、ざざ虫やいなごの佃煮などが販売されている。

 そして、秋になると、いなごを収穫して自宅で調理するという家もまだ多い。

 事と次第によっては「奇食」になりそうな昆虫食。それが「食わず嫌いはよくない」と、恐る恐るではあるけれども、試される程度にはなりつつある。海外ではコオロギの粉末を使った食材などが既に流通しているが、それらを輸入して愛食している人もいる。

 さらに、新たな昆虫食の開発に余念のない人も。

「昨年の大昆蟲食博は、後半になって口コミが広がったのか、来場者が増えました。中には、静岡から日帰りで駆けつけた人も。今でも、マスコミが昆虫食の記事を書くときに問い合わせが絶えません」

 そう話すのは、伊那市創造館の捧剛太館長。その捧さんも、新たな昆虫食の開発に余念がない。

 この取材の時に用意していたのは、自転車をこぐことで発電した電力を使った電気釜と、それで炊いた、蜂の子の炊き込み御飯という実験作。一種究極のエコな食材である。

 実際に味はというと、炊き込み御飯の味が強くて蜂の子の味はいまいち。ただ、食感が食欲をそそる。

 全国のあちこちで独自に開発が進む昆虫食。やがて「これは、本当に美味い」と、舌を巻く食材と調理法に出会うことがあるといいな。
(文=昼間たかし)

最終更新:2018/07/30 22:30
関連キーワード

広がるブームと共に……全国で開発が進む「昆虫を使ったメニュー」の数々のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

和田アキ子『わだ家』閉店

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月1...…
写真
インタビュー

サッカーメディアの今後は?

 ヨーロッパから南米まで、世界中の最先端の戦術からクラブ経営の裏側まで多角的に取り上...
写真