日刊サイゾー トップ > 社会  > 女装男性「嫁のパンツに…」
アングラライター・國友公司の「裏社会ふしぎ発見!」

「嫁のパンティーにぶちまけて!」大阪新世界にマンモス級の歪んだ性癖を見た

人気スポット「通天小町」

<実話誌が次々と休刊に追い込まれる昨今、何を間違ったかアングラの世界に足を踏み入れたライター・國友公司(26)が、危ないニオイのするトピックスを徹底取材!>

 関西を代表する観光地「新世界」。大阪らしいド派手な看板の飲食店が立ち並び、通天閣では今日も清らかなカップルたちが手をつないで展望台から景色を眺めている。一部の人たちには有名であるが、そんなカップルたちが見渡す先には、じつはキナ臭く、そしてイカ臭いスポットが点在している。新世界国際劇場、日劇シネマ、通天小町などなど……。そう、新世界はエッチでイジワルなォかまが大量に出没する街なのである!

 その中でも今回は、最も多くのォかまが集まるというビデオボックス「通天小町」へGO。このビデオボックス、入り口でアダルトDVDが借りられるものの、メインはやはり男性との出会い。個室にはしっかりとベッドがあり、シャワーまで付いている部屋も。館内には3つの談話室があり、夜な夜なこの空間では男性たちがギラギラした目でハンティングしている。

店内の談話室

 中には、というよりほとんどが、心が女の子であるトランスジェンダーさんが多い通天小町ではあるが、たまにぶっ飛んだ人がいるというのも事実。そういった人はたいてい、彼女がいたり結婚したりしているにもかかわらず、何かの拍子で突然女装に目覚めたという後天的なパターンである。今回はトップクラス級の歪んだ性癖を持つ「ひよりちゃん」のお話だ。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

「嫁のパンティーにぶちまけて!」大阪新世界にマンモス級の歪んだ性癖を見たのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

 洋画や洋楽でおなじみな「F××k」に代表されるスラング。くだけた表現では「F××k...
写真