日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『24時間』CM枠確保が争奪戦な理由

『24時間テレビ』CM枠、企業がこぞって買いたがる意外な理由って!?

『24時間テレビ41 愛は地球を救う』番組公式サイトより

 8月25日、26日に放送される日本テレビ系『24時間テレビ41 愛は地球を救う』の放送中に流れる「CM枠」をめぐって、今年も奪い合いが続いているという。

 毎夏恒例の特番だが、その内容に賛否がある上に「今年の場合は、チャリティーランナーにみやぞんが抜擢されたが、酷暑の中、安全面や健康面において配慮されるのかといった、厳しい目も向けられている」(在京テレビ局編成マン)

 とはいえ、あらゆる意味で毎年、なんらかの“話題”を振りまいているのは間違いない。

 それだけに、テレビ不況といわれる昨今でも長時間特番のCMについて、同局関係者は「おかげさまで今年も完売となりました」とホクホク顔だ。

「毎年、巨額のスポンサー料を払う日産やイオンは今年も健在。他のスポンサーも軒並み、例年通りの企業が名前を連ねていますよ」(同)

 しかし、近年、別の理由で『24時間テレビのCM枠を取れないか』とのオーダーがひっきりなしにあるのだという。

「企業側としては、もともとは社会貢献活動の一環としてスポンサーに名前を連ねてイメージアップを図るのが主目的だったが、近年は『就職活動生にブラック企業に見られたくないので、スポンサードしたい』との声が多くなっています」(広告代理店関係者)

 確かに、クリーンなイメージが強い同番組のスポンサーとなれば“ホワイトイメージ”を世間に浸透させ、就活生にもアピールできる。そうして就活生に媚びなければならないのもまた、今の世の中を反映しているといえそうだ。

最終更新:2018/08/03 12:00
こんな記事も読まれています

『24時間テレビ』CM枠、企業がこぞって買いたがる意外な理由って!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

瓜田純士『天気の子』をメッタ斬り

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(39)が森羅万象を批評する不定期連載。今回...
写真