日刊サイゾー トップ > 社会  > 「ガリガリ君」より美味いアイスとは

去年の「ガツン、とアロエ」は美味かったよね? 自虐が過ぎる「ガツン、とみかん」は「ガリガリ君」よりも美味かった!?

赤城乳業オフィシャルサイトより

 そういえば、ガリガリ君だけじゃないんだな。ガリガリ君で知られるアイスクリームメーカーの赤城乳業の自虐的過ぎるプロモーションが話題を集めている。

「ガリガリ君より売れてないのに20周年」

 そんなキャッチフレーズで専用ページまで作られているのが、同社の商品「ガツン、とみかん(通称・ガツみ)」である。

 ガツみは、1998年に発売された商品。81年に発売された看板商品のガリガリ君に比べると歴史は浅い。とはいえ、20年も販売を続けていれば、間違いなくロングセラーである。

 それでも、赤城乳業の代名詞となっているガリガリ君に比べればマイナーなのは確か。どれだけ知られていないか、ちょっと近所のスーパーを回って確かめてみた……。

「えーっと、あの棒アイスなんですが……ほら、オレンジ色の……赤城乳業の……」

 そんなふうに店員さんに話しかけると、よくて出てくるのはガリガリ君の九州みかん味。いくつかのスーパーでは「オレンジじゃないでしょ?」と、有無を言わさず定番のソーダ味を指さされたのである。

 さらに、そうしてガリガリ君を指さす店の多くでは、ガツみも確かに売っていたのである。

 メジャーすぎるガリガリ君の影に隠れて、マイナー感の強いガツみ。でも、20年も売っているだけあって、不味いなんてことはない。こちらは、果汁ではなく果肉が入っているので、みかんの食感は商品名の通り「ガツン」とくる。いうなれば、冷凍された、みかんジュースに、さらに冷凍みかんが入っている感覚である。

 あるスーパーでは、こんな話も。

「このシリーズは、これまでも、みかん以外にキウイなどさまざまな味を投入してきましたが、奇をてらっている感が際立っています。去年の『ガツン、とアロエ』は、なかなか独特の味わいだったんですが……さすがに一年だけで終わってしまいましたね」

 さまざまな味にトライできるのも、ガリガリ君の売り上げというベースがあるからか。そういえば、赤城乳業の工場でバイトをするとガリガリ君が食べ放題という伝説は、本当なのだろうか……。
(文=是枝了以)

最終更新:2018/08/07 22:30
こんな記事も読まれています
関連キーワード

去年の「ガツン、とアロエ」は美味かったよね? 自虐が過ぎる「ガツン、とみかん」は「ガリガリ君」よりも美味かった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

宇崎竜童、代表作を語る

 チロル帽を被った男が猟銃を手に大阪・三菱銀行北畠支店を襲撃し、行員らを人質に立て篭...
写真