日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 月9『絶対零度』の“あざとい”構成

フジテレビ月9『絶対零度』今週も2ケタキープ! 「面白い」と「数字を獲る」の違いが……

■いよいよプロット描写も捨てた

 今回の『絶対零度』は、物語のほとんどすべてがミハンチームのセリフで説明されました。「岡崎直樹が何か行動をする→ミハンチームが進行上必要な設定を説明する」「岡崎と接触している川上が何か行動をする→ミハンチームが説明する」という、極めてシンプルで省エネな構成です。これまで、このドラマは「プロットだけで作られている」とレビューしてきましたが、いよいよプロット上で人物に関係を持たせるシークエンスさえ最小限にして、情報はセリフで説明すればいい、という方向に舵を切ったようです。ミハンチームによる朗読劇を見ているみたいな感じでした。

 このドラマは、とにかく徹底的に“省略”を目指しているように見えます。お話を語る上で必要な情報さえも圧縮して、時には飛ばしてしまって、とにかく「圧が強い画面」を矢継ぎ早につないでいく。ちょっと目を離しても大丈夫だし、逆にずっと見ていても「あれ? 目を離したかな?」と思うくらい話が飛ぶこともしばしばです。

 こうした作り方は、「面白い話を作ろう」という方向じゃない部分で「数字を獲る」方法を必死で模索しているように見えて、現代的だなぁとも思うんですが、ドラマ自体に血が流れているような気がしないというか、扱っているテーマが「みんなに殺人衝動ってあるよね!」みたいな感情だけに、居心地がすごく悪いんですよねえ。仕置き人の正体を毎回毎回匂わせて引っ張るところも含めて、あざとさも居心地が悪い。好きな人は好きなんでしょうし、そこらへんは好みの問題ですけど。
(文=どらまっ子AKIちゃん)

最終更新:2018/08/07 20:00
12
こんな記事も読まれています

フジテレビ月9『絶対零度』今週も2ケタキープ! 「面白い」と「数字を獲る」の違いが……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

 洋画や洋楽でおなじみな「F××k」に代表されるスラング。くだけた表現では「F××k...
写真