日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『義母と娘』家族3人のキスに涙腺崩壊!

『義母と娘のブルース』家族3人のキスシーンに涙腺崩壊する視聴者続出!「最終回まで家族3人で……」

『義母と娘のブルース』公式ホームページより

 綾瀬はるか主演ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)の第5話が8月7日に放送され、平均視聴率は13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回から0.9ポイント増、自己最高を更新しました。

 またまた二ケタを記録し、絶好調の同ドラマ。ドラマだけではなく、出演者への評価も高く、安心して見られるという声もあり、注目度はまだまだ高くなりそうです。

 ではでは、あらすじから振り返っていきましょう。

(これまでのレビューはこちらから)

■良一の入院で家族のために奮闘する亜希子!

 亜希子(綾瀬)とみゆき(横溝菜帆)の前で倒れた良一(竹野内豊)はすぐさま入院することになる。

 そんな中、良一の入院で会社に迷惑を掛けたという理由で会社に謝罪に行った亜希子だったが、ひょんなことから良一のやっていた大事なプレゼンを手伝って欲しいと言われる。最初は家族のためを思って躊躇していた亜希子だったが、みゆきから「すごいね! 家事を手伝うからやってほしい!」と提案されたため、引き受けることにした。

 キャリアウーマン時代に培った能力を発揮し、無事にプレゼンを成功。それと同時に良一も無事退院となり、再び家族3人で過ごせるようになった、というのが今回のあらすじでした。

■「家族3人の話だけでいい」と継続を希望する声殺到。

 先週の予告で、良一に死亡フラグが立ち、視聴者の女性層を中心にネットでは「豊、死なないで!」との大合唱が起こりましたが、今週は入院がメインとなり、死ななかったことにひと安心したようです。

 また、今週も竹野内の見どころが満載で、特に声が上がったのは、亜希子に体を拭いてもらうために上半身裸になったシーン。まあ、これが40代には思えない、鍛え抜かれた体でして……。ネットでも「すごい引き締まってる!」「体に見とれてストーリーが入ってこない(笑)」「あらやだ! 豊の体素敵じゃない~!!」といった声が殺到し、世の女性たちを虜にしていたようです。

 さらに、5話の最後で「家族3人、一緒に寝たい!」とみゆきに言われ、「歯軋りがすごいので……」と断ろうとする亜希子に、良一が「そういわれると聞いてみたいな~!」と言うシーンに視聴者はキュンとしたようで「豊のセリフがかわいい!」「もっと言って豊!」との声が。そして、みゆきの願いが叶い、家族3人で川の字で寝ながら亜希子と良一がみゆきのほっぺをはさんでキスするんです! このシーンに「この家族全員がキュンとさせてくれる!」「こんな泣けるキスシーンはじめてみたわ!」「涙腺崩壊したよ~!」との声が上がっていました。

 しかし、良一の死亡フラグは消えてなく、そろそろいなくなりそうな雰囲気があるため、「この家族3人の話だけで残りの話もやって欲しい」「前半が良すぎだから、6話以降の後半がダメだったらショック!」との声も上がっており、良い出来栄えだけに、不安材料となってしまったよう……。まあ、次回以降は佐藤健がメインキャストに加わりそうなので、その不安は佐藤の演技でカバーしてくれることに期待しましょう!

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed