日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『このせか』ついに始まる惨劇

エロスとタナトス渦巻く世界!! ついに始まる惨劇へのカウントダウン『この世界の片隅に』第5話

現代篇なしでも違和感ないが、予告に大物女優!! すずが闇墜ちする『この世界の片隅に』第4話の画像1
TBS系『この世界の片隅に』番組公式サイトより

 8月15日は日本がポツダム宣言を受諾し、連合国側に無条件降伏した終戦記念日です。日本ではこの時期はお盆と重なり、亡くなったご先祖さまが自宅に帰ってくると言われています。戻ってきたご先祖さまたちは、どんな想いでテレビを見つめているのでしょうか。こうの史代原作コミックを実写ドラマ化した『この世界の片隅に』(TBS系)の第5話。主人公・すずの兄が戦死したことが知らされ、ついにすずの周りにも死の影がはっきりと近づいてきます。かつてなく、エロスとタナトスに彩られた第5話を振り返ってみましょう。

(前回までのレビューはこちらから)

 昭和19年(1944)12月。すず(松本穂香)が井戸で水を汲んでいると、海軍に入隊した幼なじみの水原哲(村上虹郎)がセーラー服姿で現われました。水原は巡洋艦青葉の乗組員ですが、入湯上陸の許可が出たので、すずの嫁入り先である北條家でひと晩世話になりたいと言うのです。義母のサン(伊藤蘭)と義姉の径子(尾野真千子)はこの申し出に戸惑っていましたが、水原が白米と缶詰を差し出したことから、あっさりOKするのでした。径子の娘・晴美(稲垣来泉)は、水兵さんが泊まると大はしゃぎです。

 北條家に上がり込んだ水原がすっかりリラックスしているところに、すずの夫・周作(松坂桃李)が帰ってきました。「すずは昔から絵と海苔すきしか取り柄がのうて。もし、あれだったら遠慮のう言うてください。連れて帰りますから」と水原はガハハ笑いします。すずもお盆で水原の頭を遠慮なく叩き、まるで長年連れ添った夫婦漫才のようなリアクションです。遊女・リン(二階堂ふみ)との過去をすずに気づかれないように気を遣っているのに、水原とすずの開けっぴろげな関係が周作には面白くありません。最近はすずに夜のおつとめを断られていることもあって、周作の心の中にドス黒い感情が芽生えるのでした。

 水原がやたらと明るいのには理由がありました。水原が乗っている巡洋艦青葉は、フィリピンの海戦で米軍の猛攻を受けて大破。仲間の艦を救うこともできずに、辛うじて呉港に帰ってきたのです。「同期もだいぶ靖国に行ってしもうた」そうです。顔は笑っていても、水原の心はボロボロでした。幼なじみのすずに最期の別れを告げに、水原は厚かましいのを承知で北條家に現われたのでした。死を覚悟している水原に対し、周作は敬意と嫉妬心が入り交じった複雑な感情を抱きます。

■すずに不倫を勧める周作の不可解さ

 そして劇場アニメ版でも観客の心をざわざわさせた、納屋での一夜が訪れます。周作は母屋ではなく納屋に泊まるように水原に伝えます。そして、水原が寝ている納屋に、「行火(あんか)を持っていってあげんさい。せっかくじゃし、ゆっくり話でもしたらええ」とすずをひとりで行かせます。すずが玄関を出て納屋に向かうと、なんと周作は玄関に鍵を掛けるではありませんか。これって、朝まで戻ってくるなということでしょうか? まるで不倫プレイを勧めるかのような周作の不可解な行動に、すずは戸惑ってしまいます。

 納屋に敷かれた一枚の布団に、水原とすずは仲良く足を入れて暖を取ります。水原から渡された海鳥の羽根をペン代わりにして手帳に絵を描いていたすずですが、ふと会話が途切れて沈黙が流れます。そのとき、水原の手が伸びてすずの肩を抱き寄せるのでした。すずの匂いを嗅ぐように水原は顔を近づけ、「すずはぬくいのう、やわいのう、甘いのう」とセクシートーンで囁くのでした。周作公認での、すずと水原との不貞シーンです。すずが抵抗しないと見るや、水原はすずの唇を吸おうとします。すずもうっとりした表情で「こんな日がいつか来ることを待ちよった気がする」と応えます。さすが「夜の朝ドラ」です。

 水原とすずの唇が重なり合うその瞬間、すずは感情を爆発させます。水原にではなく、この状況を作り出した周作に対する怒りです。母屋で妻の不貞を想像している周作のことが、すずには許せません。子どもの頃からずっと好意を抱いていたすずとエロい関係になることはできなかった水原ですが、それでも最後まで明るい表情を見せ続けます。

水原「普通じゃのう、すずは。ええなぁ、そういうの。そうじゃないことだらけじゃけんのう。すずが普通で安心したわ。ずーと、この世界で普通で、まともでおってくれ。わしが死んでも、一緒くたに英霊にして拝まんでくれ。笑うてわしを思い出してくれ。それが出来んようなら忘れてくれ」

 原作のエピソードがかなりアレンジされていることが賛否を呼んでいる実写版『このせか』ですが、幼なじみと納屋で過ごす危険な一夜は、ほぼ原作に忠実なものでした。原作の魅力と力強さを改めて感じさせた第5話でした。


12
こんな記事も読まれています

エロスとタナトス渦巻く世界!! ついに始まる惨劇へのカウントダウン『この世界の片隅に』第5話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

巷で話題「港区女子」の実態とは!?

ここ数年、まるでバブルのような存在感でその名を轟かせている「港区女子」。生息地は主に港区...
写真