日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『ケンカツ』吉岡里帆、存在感薄まる

『健康で文化的な最低限度の生活』視聴率5%割れで打ち切り危機? 吉岡里帆の存在感が薄まるばかり……

フジテレビ系『健康で文化的な最低限度の生活』番組公式サイトより

 吉岡里帆が主演を務めるドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)の第5話が14日に放送され、平均視聴率4.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。打ち切りのデッドラインとされる5%台を、ついに割ってしまいました。

(前回までのレビューはこちらから)

 ある日、島岡光(佐野岳)という青年が、生活保護申請のため福祉生活課の窓口を訪れます。面接相談員の川岸彩(鈴木アメリ)が応対にあたったところ、光の所持金はわずか43円。鬱病を患っていて、ここ数年は公園やネットカフェで暮らしてきたとのことです。

 光はひとまず、区が管理する宿泊施設・あおい荘に身を置くことになり、担当ケースワーカーとして、義経えみる(吉岡)が指名されます。生活保護を受けるには一応、親族に扶養の余地があるかどうかを訊く“扶養照会”という手順を踏むことが推奨されているのですが、光は親について語ることを頑なに拒否しているため、えみるは頭を悩ませてしまいます。

 この扶養照会をするしないを巡り、福祉生活課の係長・京極大輝(田中圭)と、えみるの先輩ケースワーカー・半田明伸(井浦新)の間で意見が真っ二つに割れてしまいます。鬱病を抱え、面接時に小刻みに体が震える光の様子から、半田は親族に話を通すのは時期尚早なのでは? という見解を示したのでした。

 そんな中、えみるはなんとか、光から父親の名前を聞き出すことに成功。早速ネットで検索したところ、父親の雷(小市慢太郎)は、総合病院の院長を務めていることが判明します。そして、この報告を受けた京極は、半田の反対を押し切り、雷に扶養照会の手紙を送るよう、えみるに指示を与えます。

 するとすぐ、雷が福祉生活課を訪れ、光が6年前に大学を中退して以来、音信不通だったことを打ち明けます。「光はウチで面倒を見る」と、雷が申し出たため、えみるはあおい荘に電話をかけるのですが、父親の来訪を知った光からは一方的に通話を切られてしまうのでした。

 えみるはひとまず、雷をあおい荘へ案内するのですが、そこに光の姿はありません。同じ時刻、光は発狂したように街中を走り回り、駅のホームに飛び込んでしまっていたのです。そして、京極の元に警察から連絡が。光の運命はいかに? というところで終了となりました。

 これまでの放送回では、すでに生活保護を受給している家族の問題が取り上げられてきましたが、今回は申請を出して保護が認められるまでの過程が描かれる回となりました。扶養照会という言葉を初めて耳にしましたけど、確かに養える家族がいるのであれば、国が保護する必要はありませんよね。

 ただ、たとえ血の繋がりがあっても、感情的には赤の他人のように生きる家族もいるわけで、そこはケースバイケースなわけですね。それを見定め、1人1人しっかりケアしていくのが、ケースワーカーの仕事なわけです。


12
こんな記事も読まれています

『健康で文化的な最低限度の生活』視聴率5%割れで打ち切り危機? 吉岡里帆の存在感が薄まるばかり……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

読書✕ヤンキー『どくヤン! 』

 もしも読書好きのヤンキーがいたら……いやい...…
写真
インタビュー

好感度の高い優良企業の不祥事!!

 神々のたそがれならぬ、日本企業のたそがれなのか。人気女優・宮崎あおいが2007年か...
写真