富田林の逃走犯はどこへ……?“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士がプロファイリング!

――容疑者は現在、北上しながら逃走を続けていると見られています。

瓜田 バカなりに賢ければ、大阪から出ることをまず考えるでしょうね。3,000人態勢で捜査中といっても、それは大阪府警の話。奈良、京都、兵庫などの隣県に出ればマークは幾分か緩くなるはずだから。

――どこで寝泊まりしていると思いますか?

瓜田 バカだから真っ先にネカフェに行きそうなもんだけど、そこまでバカじゃないのかな。西成のドヤもマークがキツいことぐらいはバカなりにわかってるのかも。公園や河原の茂みで寝てる可能性が高そうですが、ひったくりで数万円持ってるみたいだから、案外シティホテルとかに泊まってたりして。

――リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件の市橋達也のときのような、長期戦になる可能性は?

瓜田 市橋には英会話を学ぶような知性があったけど、コイツは強盗、強姦、窃盗を何度も繰り返すようなバカで、あまり先々のことは考えてないだろうから、どこかでドジを踏んで、すぐに捕まるんじゃないでしょうか。ただ、長期戦になるかもしれないネックもあるにはあるんですよ。

――と、申しますと?

瓜田 身長163センチ。これって結構、逃げるのに絶妙な体型だと思うんです。組み合わせはどうであれ、そこら中に干してある洗濯物をほとんど着れる。男物も女物も子ども服も着れるから、変装が容易です。逆に、俺みたいな180センチオーバーのモデル体型だと、まず着れる服がない。下手な服を盗んで着たら、ツンツルテンになって目立っちゃいますから。奴はチビの利を生かして、七変化しながらうまいこと逃げ続けてるんじゃないかって気もします。

――友人や知人にかくまってもらっている可能性は?

瓜田 まず、連絡を取り合える友達がいないと思います。レイプ犯や窃盗犯って、アウトローの世界でも嫌われるんですよ。10代20代の頃は腐れ縁の仲間もいたかもしれないけど、30にもなれば周囲もだんだん落ち着いてくるし、この手のタイプを身近に置いとくとロクなことがないから、昔の仲間とも疎遠になってるんじゃないかな。

――樋田容疑者の今後の動向を予想してください。

瓜田 今のところ、ひったくりで逃走資金を調達してるみたいですが、そのうちもっと、まとまったカネが欲しくなるはず。そうなったら、コンビニ強盗やタクシー強盗に走る危険性があります。で、行き詰まって、いよいよパクられるかもとなったとき、「じゃあ、やり残してることはないか」となったら、女でしょう。バカだから10年も無期も変わらないと考えて、レイプを重ねる可能性もあります。それが危ないですね。男から見たらただのチビだけど、女性からしたら怖いですよ。

――追い詰められて自殺する可能性は?

瓜田 この手のバカには、そういう繊細さはないと思います。「どうせ捕まるなら、その前にうまいもん食って、いい女に乗りてえ!」ぐらいのことしか考えてませんよ。野良犬や野良猫の発想というかね。バカは動物的な動きをするんですよ。

――早く捕まってほしいですね。

瓜田 『プリズン・ブレイク』の脱獄囚は応援したくなった俺ですが、コイツはレイプもやってる外道なので、まったく応援できません。とっとと捕まえてブタ箱に放り込んでくれなきゃ困りますよ。
(取材・文=岡林敬太/撮影=おひよ)

※日刊サイゾーでは瓜田純士の最新情報をほぼ月イチペースでお届けしています。
https://www.cyzo.com/cat8/outlaw_charisma/

最終更新:2018/08/22 18:04
12
こんな記事も読まれています

富田林の逃走犯はどこへ……?“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士がプロファイリング!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

最近急増中の“こじらせ男子”とは?

最近、なんか面倒臭い男が増えているな――みたいな実感、ありませんか?  そんなモヤモヤを...
写真