日刊サイゾー トップ > 芸能  > さんまの「キンプリ」推し発言が波紋

明石家さんまの「SMAPの後任にKing&Prince」発言が波紋! “老害”ぶりがあらわに……

 明石家さんまの“老害”ぶりに、ジャニーズファンが困惑しているようだ。

 8月11日に放送されたラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(MBS)にて、パーソナリティを務めるさんまが、売り出し中のジャニーズグループ・King&Princeについて言及した。

「さんまは自分と声質が似ているという理由で、キンプリメンバーの平野紫耀を気に入っているらしく、番組では彼が出演したドラマ『花のち晴れ~花男Next Season~』(TBS系)の『お前はそれでいいのかよ』というセリフのモノマネを披露。さらに『そのうち共演するやろな。ファンの間では年末の“さんま&SMAP”のところを“さんま&キンプリ”にっていう声も上がっているくらいやから』と続け、共演の可能性を匂わせていました」(芸能ライター)

『さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル』(日本テレビ系)といえば、1995年から毎年クリスマス期間に放送されていたバラエティ特番。SMAP解散騒動によって、2015年の放送が最後となっている。

 どうやら、さんまにはSMAPの代わりにキンプリで番組を復活させたい思惑もあるようだが、この提案に猛反発しているのがSMAPファンだ。

「実は、さんまの発言の前日にスタートしたキンプリのデビューコンサートツアーに関して、SMAPファンが眉をひそめる事態が勃発していたのです。デビュー曲『シンデレラガール』がヒットした彼らですが、持ち歌が少ないために先輩グループの楽曲のカバーで補っており、そこにはSMAPの『夜空ノムコウ』と『SHAKE』も含まれていた。ジャニーズを退所した元SMAPメンバーたちは楽曲が使えないばかりか、番組で曲名を言うことすらできない状況。にもかかわらず、キンプリがコンサートで歌っていたことで、『SMAP本人たちが歌えないのに無神経すぎる』との非難が殺到。そんな折に、さんまが『SMAPの後任にキンプリ』と発言したことで、『おこがましい!』と火に油を注ぐ形となったというわけです」(芸能記者)

 同ラジオ番組で、自身のことを「死後硬直」状態であると語っていたさんま。あまり出しゃばった話はしないほうが賢明かも!?

最終更新:2018/08/21 08:00
こんな記事も読まれています

明石家さんまの「SMAPの後任にKing&Prince」発言が波紋! “老害”ぶりがあらわに……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

原田龍二、なぜ裸のおじさんに?

 数多くのTVドラマやVシネ作品に出演する、俳優・原田龍二。芸歴26年を数えるベテラ...
写真