日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > アキラ100%、生放送の悪夢再び?

アキラ100%、正月特番の悪夢再び!? 生放送番組『歌ネタ王決定戦2018』出場で「御開チンだけは勘弁」と心配の声

アキラ100% 公式ブログより

 9月19日に放送される『歌ネタ王決定戦2018』(TBS系)の決勝進出者発表会見が行われ、出場者としてアキラ100%が登壇。生放送特番だけに、裸芸でお馴染みのアキラ100%が登場することに早くも心配の声が上がっている。

『歌ネタ王決定戦2018』は、歌ネタのNo.1を決定する“面白ければ誰もが参加可能”な一大コンテスト。これまでお笑いコンビのかまいたちや藤崎マーケットらが優勝しており、今回はアキラ100%以外にも超新塾、どぶろっく、ニッチェといった面々が出場する。アキラ100%は同コンテスト公式サイトに「R-1ぐらんぷり&歌ネタ王の二冠目指します!」とコメントを寄せるも、会見では「冷汗が止まらない」と弱音も覗かせた。

 アキラ100%の決勝進出に、ネット上では「いやいやいや、生放送はリスキーすぎるでしょ!」「事故る可能性だって高いのにテレビ局側も大丈夫なの?」「一体なにがそこまでアキラ100%を駆り立てるんや……」「宴会芸ならまだしもテレビで御開チンだけは勘弁な」といった声が続出。裸芸で勝負に出るかは不明だが、“放送事故”が起きないか早くも緊張感が高まっているようだ。

「アキラ100%と生放送といえば、正月特番『第51回爆笑ヒットパレード2018』(フジテレビ系)での放送事故が大きな話題を呼びました。同番組内の“新春レッドカーペット”コーナーに登場したアキラ100%は、シガーボックスを使って股間を隠す芸を披露。ところが局部を隠す大切なボックスを落としてしまい、あわやポロリの状態に。咄嗟に屈んだため丸写しになる大惨事は免れましたが、アキラ100%は土下座をするような格好のままスライドカーペットに乗って退出しています」(芸能ライター)

 アキラ100%の失敗にスタジオは騒然となり、MCの今田耕司も「このあと10分後にネットニュースを見てみよう」「もう2度と(番組に)出られないかも」とタジタジ。しかしアキラ100%は失敗に懲りず、再びステージに舞い戻る“芸人魂”を見せつけた。

「再ステージでもアキラ100%は同じ芸に挑み、周りから『集中、集中!』と声援を送られる中見事リベンジに成功。スタジオは『おめでとう!』と拍手喝采に包まれ、アキラ100%も『ヤッター!』と何度も絶叫しながらスライドカーペットに乗って去っていきました」(同)

 まさに生放送でこそ真価が発揮されるアキラ100%の裸芸。1発成功となるか、手に汗握るひと時を楽しみに待とう!

最終更新:2018/08/22 06:00

アキラ100%、正月特番の悪夢再び!? 生放送番組『歌ネタ王決定戦2018』出場で「御開チンだけは勘弁」と心配の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

流通アナリスト解説マスク生産

 緊急事態宣言を5月中まで延長する方針が、安倍首相の会見で発表された。もう1カ月の外...
写真