日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『絶対零度』の“食い足りなさ”

フジテレビ月9『絶対零度』本田翼と青野楓の“キャットファイト”が素晴らしい! けど……

■細かく見るとアレなので、細かく見ないように……

 結果、ユキオくんのお父さんと思われていた人物が実はキタノで、いろいろ解決しました。興味があれば、FODなどで無料で見られるのでチェックしてみてください。「児童虐待」「指紋認証」「謎の男キタノ」というお題で無理やりに組み上げた三題噺みたいなストーリーですが、本田翼と青野楓による、わりとちゃんとしたキャットファイトがあったり、徹底的に無表情・無感情な役どころだったオスカーイチオシ女優の田中道子が「デレ」に転じてみたりと、それなりに見どころのある回だったと思います。この田中道子の「デレ」は、オスカーからの「うちの道子にも、無表情だけじゃなく見せ場を作りなさいよ」という注文に従ったのだと思われますが、かわいいのでよいのではないかと思いました。

 ただ、全体的に苦しそうだなぁと思うんです。

 お話を作っている人たちが、いわゆる「人殺しのドラマ」を愛していない感じがビンビンに伝わってくる。ここまで、このドラマには人殺しが2種類出てきました。ミハンチームの田村さんと、それ以外です。それ以外のみなさんにも、それぞれ事情があるのに、ドラマは田村さんだけに理解を示して、その他の殺人者たち、犯罪者たちを「クズ」と断じる。「クズばかりだ」と。「なんで生きてるんだ、クズが……!」と。

 こうした一面的な視点は「人殺しのドラマ」つまりは「刑事ドラマ」が内包する情緒を著しく削ぐものと思います。視聴者が共感するべき人物が警察側だけになってしまうし、ミハンチームの面々が視聴者以上に犯罪者を強く憎んでいるので、置いてけぼりにされている感じがする。

 それともうひとつ、今回いかにも『絶対零度』だなーと思う描写があったので、記しておきます。

 張り込み部屋で山内(横山裕)と2人になった井沢(沢村一樹)が、「たまにはちゃんとしたものを食え」と言いながら、野菜炒めを作るんです。そして「こうして2人でご飯を食べるなんてなぁ」とか言いながら、その1人前くらいしかない野菜炒めを2人で食べる。

 いやーあのね、「ちゃんとしたものを食え」と言うんだったら、ですよ。野菜炒めだけじゃなく、みそ汁と米と、なんだったらお漬物くらい付けてもいいんじゃないかと。少し間を置いて、リラックスムードで2人が話をするシーンを演出するための「ちゃんとしたものを食え」であることはわかりますけど、野菜炒め半人前ずつって、全然ちゃんとしてないじゃん。

 ここで野菜炒めしか出てこない、つまり「ちゃんとしたもの」の「記号(=野菜)」しか出てこない。人間の生活感を演出することを、最初から放棄してる。このドラマに出てくる、あらゆる感情表現や事実関係の説明が、この「野菜炒めだけの食事」みたいに感じるんですよ。食べる側、受け取る側の気持ちを、あんまり考えてないように思える。作る側の事情を押しつけられてるように感じる。人間を描くことは生活を描くことだし、本来は、みそ汁と米とお漬物を描くことだよなーと思って、なんか『絶対零度』の食い足りなさが腑に落ちた感じです。

 そんなわけで、作り手のみなさんが苦しみながら知恵を絞ってシナリオを練り上げていることは伝わってます! では、また次回!
(文=どらまっ子AKIちゃん)

 

最終更新:2018/08/21 20:00
12
こんな記事も読まれています

フジテレビ月9『絶対零度』本田翼と青野楓の“キャットファイト”が素晴らしい! けど……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

漫画家・新井英樹が独自世界観を語る

 人気コミックの実写化はファンから深く愛されている作品ほど、そのハードルは高くなるが...
写真