日刊サイゾー トップ > 芸能  > 渡辺美優紀「アイドル復帰」は絶望

元NMB48“みるきー”渡辺美優紀、活動再開も「アイドル業界復帰」は絶望……望みは「魔性」だけ?

渡辺美優紀(みるきー)オフィシャルサイトより

 アイドルグループ「NMB48」の元メンバー“みるきー”こと渡辺美優紀がついに9月から芸能活動を本格的に再開させる。一時は「引退」を示唆していたこともあったが、ついに始動したみるきー。

 過去には山本彩とともに関西地区を席巻した元NMB48エースは、早速、9月19日に東京・青海の・Zepp Tokyoで、21日に大阪・浪速のなんばHatchでコンサート『1st LIVE TOUR 2018 ~Milky Landだよね~』を行う。7月には公式サイトとファンクラブの開設を発表。復帰への準備を着々と進めている。

 そんなみるきーについて、芸能関係者は「NMBを卒業する際には、発表のタイミングなどをめぐり、運営サイドと衝突したこともありました。さらに卒業後も活動内容、時期をめぐって元所属事務所と大きくモメました。当時さんざん迷惑を掛けられた同じAKB48グループのスタッフや他メンバーからも冷ややかな目でみられていますよ。逆風の中での船出であることは間違いありません」という。

 それでも生き残る道はあるという。

「戦国時代のアイドル業界に舞い戻るのは不可能ですし、歌唱力もそこまですぐれているというわけではないので、音楽活動一本では難しい。ただ、これからはセクシーさを売りにすればまだまだいけるかもしれません。一部から避けられていても男性人気が上昇すれば、出版業界も放っておけません。アイドル時代はその魔性っぷりから『わるきー』とも呼ばれていました。小悪魔的な笑みとDともEとも言われる美乳と美尻をひっさげて、露出を増やしていけばチャンスはあります。写真集やカレンダーなどで売上上位を獲得して注目が集まれば、活動の幅はそこから広がっていくことでしょう」と指南する。

 これからどういった活動をしていくのか。本人はどういった戦略で臨むのか。果たして。

最終更新:2018/08/28 16:00
こんな記事も読まれています

元NMB48“みるきー”渡辺美優紀、活動再開も「アイドル業界復帰」は絶望……望みは「魔性」だけ?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

ゲキメーションの旗手登場!

 デジタル化の進む現代社会において、アナログ感たっぷりな新しい恐怖の扉が開いた。京都...
写真