日刊サイゾー トップ > 芸能  > 渡辺美優紀「アイドル復帰」は絶望

元NMB48“みるきー”渡辺美優紀、活動再開も「アイドル業界復帰」は絶望……望みは「魔性」だけ?

渡辺美優紀(みるきー)オフィシャルサイトより

 アイドルグループ「NMB48」の元メンバー“みるきー”こと渡辺美優紀がついに9月から芸能活動を本格的に再開させる。一時は「引退」を示唆していたこともあったが、ついに始動したみるきー。

 過去には山本彩とともに関西地区を席巻した元NMB48エースは、早速、9月19日に東京・青海の・Zepp Tokyoで、21日に大阪・浪速のなんばHatchでコンサート『1st LIVE TOUR 2018 ~Milky Landだよね~』を行う。7月には公式サイトとファンクラブの開設を発表。復帰への準備を着々と進めている。

 そんなみるきーについて、芸能関係者は「NMBを卒業する際には、発表のタイミングなどをめぐり、運営サイドと衝突したこともありました。さらに卒業後も活動内容、時期をめぐって元所属事務所と大きくモメました。当時さんざん迷惑を掛けられた同じAKB48グループのスタッフや他メンバーからも冷ややかな目でみられていますよ。逆風の中での船出であることは間違いありません」という。

 それでも生き残る道はあるという。

「戦国時代のアイドル業界に舞い戻るのは不可能ですし、歌唱力もそこまですぐれているというわけではないので、音楽活動一本では難しい。ただ、これからはセクシーさを売りにすればまだまだいけるかもしれません。一部から避けられていても男性人気が上昇すれば、出版業界も放っておけません。アイドル時代はその魔性っぷりから『わるきー』とも呼ばれていました。小悪魔的な笑みとDともEとも言われる美乳と美尻をひっさげて、露出を増やしていけばチャンスはあります。写真集やカレンダーなどで売上上位を獲得して注目が集まれば、活動の幅はそこから広がっていくことでしょう」と指南する。

 これからどういった活動をしていくのか。本人はどういった戦略で臨むのか。果たして。

最終更新:2018/08/28 16:00

元NMB48“みるきー”渡辺美優紀、活動再開も「アイドル業界復帰」は絶望……望みは「魔性」だけ?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

『パラサイト』に瓜田純士は辛口

第92回アカデミー賞にて、ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』が4冠に輝いた。...
写真