日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 老舗ニューハーフクラブに密着で…

古参キャストの死、若手の独立……老舗ニューハーフクラブ名物ママ(70)と新宿二丁目の50年

イメージ画像(Photo by John M from Flickr)

 いまや日本のみならず、世界にその名を知られ、外国人の姿も多く見かけるようになった新宿2丁目。ゲイバー、ニューハーフバー、レズビアンバーなど、LGBT関連の飲食店は400店舗以上ともいわれている。そんな場所で50年にわたって営業を行っているのが、ニューハーフクラブ「白い部屋」だ。8月26日放送の『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)では、同店を2年間にわたって密着取材。老舗ニューハーフクラブの裏側からは、いったいどのような世界が見えてきたのだろうか?

 1968年、ゲイとして生きるために地元から上京してきた「白い部屋」のコンチママ(70)は、水商売や日雇いなどの仕事で食いつなぎながら、弱冠20歳にして同店をオープン。68年といえば、新左翼運動が盛り上がりを見せ、永山則夫が連続ピストル射殺事件を起こしていた時代。当時の2丁目には、ニューハーフやゲイが営むバーはわずか8軒しか存在しなかったという。そんな時代から、彼女は50年にわたって、新宿2丁目のカルチャーを作り上げてきたのだ。同店の名物は、10人以上のキャストたちが踊るショータイム。過激なセクシーショーからコミックショーまで、さまざまな客を満足させている。

 2016年から行われた「白い部屋」への密着取材だったが、撮影クルーが密着してすぐ、店を悲劇が襲う。古株キャスト・梨花(享年58)が、旅行先の旅館で心臓発作により急死したのだ。200名以上が偲ぶ会を訪れるほど、客からもスタッフからも愛されていた梨花。コンチママも、半年を経てもなお、その死を「いまだに受け入れられない」とうつむく。同じく古株キャストであるかんた(57)は、1年を経て、ようやく次のように前を向くことができた。

「次のことを考えなきゃいけないし、それでも生きていかなきゃいけないじゃないですか。悲しみは胸に秘めたまま。泣いてられない」

 さらに、番組では別の形での「別れ」も描く。最年少キャストとして客の注目を集めていた20歳の未来(みく)が、突然店を去っていった。辞める際にあまり多くを語ることはなかった未来は、その後、数カ月にわたって自分を見つめ直す。そして、「やりたいことが見つかった」という彼女は、17年夏、歌舞伎町にニューハーフバー「MIXTURE」をオープンした。開店当日、多くの客で賑わうお店の中には、白い部屋の先輩たちもその開店を祝いに駆けつけ、カウンターは彼女たちに独占されてしまった。開店を賑やかしてくれる先輩たちの姿を見ながら、新しくママとなった未来の表情はとても誇らしげ。別れによって、「白い部屋」が生み出したニューハーフカルチャーのDNAは広がっていったのだ。

 コンチママと共に13年にわたって苦楽を共にしてきたかんたが「あの街(2丁目)で生きてきてありがたかったけど、白い部屋は特にありがたい」と感謝の気持ちを語るように、半世紀の長きにわたって営業を続けてきた「白い部屋」は、ほかに居場所のないニューハーフたちにとって故郷のような場所なのだろう。そもそも、コンチママは、親にゲイであることをカミングアウトできなかったことから、逃げるように東京へとやってきた人物。誰よりも、ゲイとして生きることの厳しさを知っているのだ。

 LGBTに対して寛容な時代になりつつあるとはいえ、いまだ、ニューハーフやゲイという世界が世間から認められているとは言い難い。その逆風をものともせず、連日賑やかなショーを繰り広げる「白い部屋」のキャストたちも、店を出ればひとりの人間にすぎず、その姿からは、逆風を受ける者だけが持つ「切なさ」がにじみ出ている。しかし、そんな切なさをひた隠しながら、今夜も彼女たちは、セクシーでコミカルなショーで客を魅了していくのだ。

(文=萩原雄太[かもめマシーン])

最終更新:2018/08/31 21:00

古参キャストの死、若手の独立……老舗ニューハーフクラブ名物ママ(70)と新宿二丁目の50年のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

たけし映画はもう見られないのか

 先日、「週刊新潮」が報じた、ビートたけし(...…
写真
インタビュー

エルフ荒川「吉本芸人はみんなギャル」

新型コロナに戦争、円安、物価高騰──暗い話題が多...…
写真