日刊サイゾー トップ > 芸能  > フジモン夫婦、絆の源は“ディズニー”

フジモン&ユッキーナ“鬼嫁エピソード”の裏にあった「ディズニーが支える家族の絆」

木下優樹菜公式インスタグラム(@yuuukiiinaaa)より

 モデルでタレントの“ユッキーナ”こと木下優樹菜と、お笑いコンビ・FUJIWARAの“フジモン”こと藤本敏史夫妻の話題づくりが、もはや立派なコンビ芸だと業界内で話題となっている。

 フジモンは、トークバラエティー番組を中心にユッキーナの鬼嫁っぷりを盛んにアピール。先日は、ユッキーナに「酢豚の味見をしてほしい」と言われ「肉が硬い」と感想を述べたところ、大激怒されて涙を流したというエピソードを披露。他にも、フジモンの大切にしていたフィギュアを勝手にユッキーナに捨てられたり「口の中がドブの臭いがする」と言われたりと、2人が語るその手の鬼嫁話は尽きない。

 そんな夫婦について、芸能関係者は「2人の信頼関係ができているからこその連携プレーですね。お互い仕事上で、家庭内のことをネタにすることを許し合っているようで、それが仕事増につながっています。日常生活で起きたお互いのことを、おもしろおかしくしゃべる話術を持っているので、もはや、立派な芸となっていますよ」と分析する。

 そもそも2人は、人気バラエティー番組『クイズ!ヘキサゴン』(フジテレビ系)で出合い、2009年に交際に発展。翌10年8月に結婚し、12年8月には長女が、15年11月には次女が誕生するなど、結婚から8年が経過。そんな家族のハートを強く結び付けているのが、ディズニーだという。

「フジモンとユッキーナは超が付くほどのディズニー好き。先日も家族4人で『東京ディズニーランドホテルの美女と野獣ルーム』に宿泊して日頃の疲れを癒やしていましたよ。ユッキーナの鬼嫁キャラが成立するのは、夫婦の仲が本当に良いからです。家庭内でギスギスしていたら、とてもじゃないですが、プライベートをネタにできません。ああやって、ネタにできるのは家族の絆があってこそ。その源になっているのはディズニーと言っても過言ではないかもしれません」(同)

 時には過激なエピソードを披露してネット上で賛否両論巻き起こすことのある夫婦だが、これからも心温まる鬼嫁ネタをどんどん出していってもらい、楽しませてもらいたいものだ。

最終更新:2018/09/04 16:00
こんな記事も読まれています

フジモン&ユッキーナ“鬼嫁エピソード”の裏にあった「ディズニーが支える家族の絆」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

チュート徳井、巨額脱税で芸人生命終了へ

”板東英二超え”の巨額申告漏れで、売れっ子芸人がテレビから消える!?
写真
人気連載

チュート徳井は悪質なやり方か

今週の注目記事・第1位「森田健作、台風被害の最...…
写真
インタビュー

白石和彌監督が語る、若松孝二の遺産

 珠玉の青春映画が誕生した。門脇麦主演作『止められるか、俺たちを』は、インディーズ映...
写真