日刊サイゾー トップ > 芸能  > 防弾少年団“全米1位”は本当に快挙?

K-POP・防弾少年団(BTS)の“ビルボード1位”はホントに快挙? 韓国では「兵役」めぐる議論も……

「BTS JAPAN OFFICIAL FANCLUB」より

 韓国の7人組グループ、防弾少年団(BTS)のニューアルバム『LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’』が、アメリカの音楽チャート「ビルボード200」のアルバム部門で1位を獲得したことが3日、発表された。

 BTSが全米1位を獲得するのは、5月にリリースされた『LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’』に続き2度目。これまで少女時代をはじめ、アメリカ進出を果たした多くのK-POPスターが全米1位を喧伝してきたが、それらはビルボードチャートでも超マイナーなワールドミュージック部門。一方、BTSは正真正銘の全米1位で、これはK-POP史上初。しかも2度目というから快挙に違いないのだが、実はこの件をめぐって韓国ではちょっとした論争が起きている。

「兵役問題ですね。韓国では、男性は18~35歳の間に21カ月の兵役に就かなければなりませんが、五輪でのメダル、アジア大会での金メダル獲得など、顕著な成績を収めたスポーツ選手などは4週間の基礎訓練だけで、兵役が免除されます。国の名誉に貢献したということが理由ですが、だったらアメリカにK-POPを広く知らしめたBTSにも、その資格はあるのではないか? という議論です」(韓流雑誌編集者)

 先のアジア大会でもサッカー韓国代表が優勝し、イングランドのトットナム・ホットスパーに所属するソン・フンミンが兵役免除の恩恵を受けることとなった。もちろんスポーツ選手のみならず、芸術関係者にも兵役免除規定はあって、国際芸術コンクールの2位以上、国内芸術コンクール1位入賞者がそれに当たるのだが、BTSのようなK-POPはこの規定には含まれない。従って、東方神起やBIGBANGのV.Iを除く全メンバーも人気絶頂の中、兵役に就いている。これは不公平ではないか、ということだ。

「韓国での報道によると、大統領府の国民請願掲示板には、BTSの兵役免除を訴えるファンからの投稿が相次いでいるそうです。確かに、アジアレベルのスポーツ大会で優勝するよりも、韓国の大衆音楽がアメリカの音楽チャートで1位を取るほうが、韓国の最大の輸出品である“韓流”のアピールという点で、国策に寄与していますからね。もっとも、最近は兵役対象者が減少傾向にあるため、兵務庁ではスポーツ選手や芸術家の兵役免除を見直すことを匂わせており、スポーツか大衆音楽かといった議論は、将来的には無意味になるかもしれません」(同)

 いずれにせよ、スポーツや音楽が未だに国威発揚の手段としかとらえられていないのは、韓国の後進性を示しているという気がしないでもないが……。

最終更新:2018/09/05 17:00
こんな記事も読まれています

K-POP・防弾少年団(BTS)の“ビルボード1位”はホントに快挙? 韓国では「兵役」めぐる議論も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯にサッカー関係者困惑

 ラグビーW杯で日本代表の快進撃が続いている...…
写真
インタビュー

神の沈黙を描き切った注目の新鋭監督

 神さまは本当にいるの? 人間は死んだらどうなるの? 誰しも子どもの頃に頭を悩めた問...
写真