日刊サイゾー トップ > 芸能  > 芸能人“海外留学”で注意すべきこと

渋谷すばる、岡本圭人、ダレノガレ明美……芸能界“海外留学”は「香里奈にならないよう」注意すべし!?

左上:渋谷すばる、左下:岡本圭人、右上:ウエンツ瑛士、右下:ダレノガレ明美/各公式サイトより

 芸能人の留学が大ブームとなっている。

 元・関ジャニ∞の渋谷すばるや、Hey! Say! JUMPの岡本圭人、タレントのウエンツ瑛士、モデルのダレノガレ明美、少し前ならお笑いコンビ・ピースの綾部祐二など多くの芸能人が日本を飛び出し、海外で学ぶ決意を表明している。

 そんな風潮に、芸能関係者は「経緯や状況は異なるが、過去にも元アイドルの大島優子、モデルのマリエ、芸人のなかやまきんに君など、当時人気があり、かつ金銭的に余裕のあると思われるタレントが留学をしましたが、帰国後は仕事が激減するという事態に見舞われています。誰かがいなくなっても回っていくのが芸能界。留学で長期休業してしまうと、日本に戻ったときには自分の席はありません。当然、いなくなるときには、育ててもらった所属事務所に迷惑を掛けるだけでなく、レギュラー番組を持っていたり、グループに入っていれば、その分も他人に迷惑がかかる。そういうことを熟考した上で決断しなければいけませんよ」と警鐘を鳴らす。

 また海外での過ごし方にも、注意が必要だという。

「グローバル化社会なので、もはや留学すること自体は珍しいことではありません。そこらへんの高校生、大学生でも、ホームステイなどを一般的に体験する時代です。問題は、外国で何を学ぶかです。ハレンチ画像が流出した女優の香里奈さんのように、日本人が多い留学生コミュニティに入ってワイワイと観光して数カ月から1年間、エンジョイするだけの渡航では意味がありません」(同)

 ただ、渡辺直美のようにアメリカ・ニューヨークにダンス留学し、それがきっかけとなり帰国後、さらなる成功を見せた例もある。留学した芸能人が帰国後にどういった活躍をするのか見ものとなりそうだ。

最終更新:2018/09/05 23:00

渋谷すばる、岡本圭人、ダレノガレ明美……芸能界“海外留学”は「香里奈にならないよう」注意すべし!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

中島岳志が分析する都知事選・前

366万票を獲得し、得票率では6割近くの支持を集めた現職・小池百合子氏。下馬評通り、今回...
写真