日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『カメ止め!』主演女優のお宝映像

お宝化必至!? 『カメラを止めるな!』主演女優の“超絶ハイレグDVD”が攻めすぎ!

「アソビシステム」公式サイトより

 インディーズ作品として異例の大ヒットを記録している映画『カメラを止めるな!』でヒロインを演じた秋山ゆずきが、10月14日放送のドラマ『科捜研の女スペシャル』(テレビ朝日系)にゲスト出演することがわかった。

『カメ止め』は6月23日にわずか2館からスタートするも、SNSを中心とした口コミで注目度が急上昇し、現在220館以上で公開中。興行収入16億円超えを達成している。

 秋山と聞いてピンとくる人は少ないだろうが、現在25歳の彼女の芸歴は、意外に長い。

「彼女は2008年に『橋本柚稀』名義でジュニアアイドルとしてデビュー。その後は、グラビアアイドルとして活動していました。12年に現在の名前に改名してからは、女優として舞台を中心に活動。アリスインプロジェクト『戦国降臨ガールズ』をはじめ、『舞台版まいっちんぐマチコ先生2~あらま学園東三番街の奇跡~』などに出演しています」(芸能ライター)

 今年最大の“出世魚女優”となりそうとあって、ネット上では秋山のグラドル時代の画像が拡散。それを見ると、当時はかなり攻めていたようだ。

「13年に発売されているDVD『ゆずゆず』では、『カメ止め』で見せたスレンダーボディーの全貌をたっぷりと堪能できます。セーラー服のシーンでは、四つんばいになった状態でスカートがめくれ、レースの白下着を披露。水着は際どいものばかりで、ピンクのワンピースはハイレグ角度が半端なく、その状態で片足を上げて股間を無防備にさらしています。ビキニはどれも布の面積が極小。浴室で着用した眼帯ビキニはマニアにはたまらないでしょう」(グラビア関係者)

『科捜研~』のほかにもオファーが殺到しているという秋山。このまま一気のブレークとなれば、グラドル時代のDVD価格もお宝化しそうだ。

最終更新:2018/09/06 06:00

お宝化必至!? 『カメラを止めるな!』主演女優の“超絶ハイレグDVD”が攻めすぎ!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

嵐・大野「口止め誓約書」で思い出される悲劇

 活動休止まで残り2カ月となった国民的アイド...…
写真
インタビュー

“移民”問題のウソとホント

 2013年にアメリカ国務省から「人身売買と戦うヒーロー」として表彰された、外国人労...
写真