日刊サイゾー トップ > 芸能  > 芳根京子、地道な脇役路線に!?

芳根京子、武井咲の後釜狙う“ハイエナ”作戦も奏功せず……地道な脇役路線に活路を見いだす!?

芳根京子 公式インスタグラム(@yoshinekyoko)より

 土屋太鳳とのダブル主演映画『累-かさね-』の公開に合わせたプロモーションで、バラエティー番組への露出が増えている芳根京子。これまでバラエティーへの出演はあまりなかったため、番組スタッフもありがたがっているという。

「朝ドラ女優ということで引きはあるし、まだ掘られていないキャラクターを持っているかもしれないということで、バラエティー的には“料理のしがいがある”といったところでしょうか」(テレビ局関係者)

 そんな芳根だが、かつては参加したオーディションにことごとく合格することから“オーディション荒らし”と呼ばれていた。そして、ついに2016年のNHK朝ドラ『べっぴんさん』でヒロインの座を射止めるも、その後は必ずしも順調だったわけではない。

「『べっぴんさん』以後はヒット作に恵まれず、事務所も売り出し方を模索していたようです。朝ドラヒロインをやったとなれば、オーディションを受けまくるわけにもいかないでしょうしね」(同)

 そんな中、2018年1月期の月9ドラマ『海月姫』で主演を務めることとなった。

「もともとはTOKIO長瀬智也と武井咲が出演した『フラジャイル』の続編が制作される予定だったところ、武井の妊娠・結婚によって流れてしまった。そこで急きょ持ち上がった企画が『海月姫』だったそうです。そして、素早く情報を嗅ぎつけた芳根サイドからフジテレビに、猛烈な売り込みがあったようですね。なかなかいいオファーが来ない芳根サイドとすれば、大きなチャンスだと思ったのでしょうが、一部では“ハイエナのようだ”なんて言われていました」(同)

 しかし、『海月姫』は全話平均視聴率6.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、月9ドラマにおいて歴代ワースト記録を作ってしまった。

「この失敗で業界的には、芳根は“数字を持っていない”というイメージがついてしまった。事務所側も『仕方ない』とあきらめたのか、以降は主演を狙うわけではなく、2番手3番手で味のある演技を見せていく方向へとシフトしたようです」(同)

 7月クールの『高嶺の花』(日本テレビ系)では、主演・石原さとみの異母妹を演じており、冒頭で触れた映画『累』のダブル主演を除いて、すべて脇役を演じている芳根。今後しばらくは、この路線に活路を見いだことになりそう?

最終更新:2018/09/06 10:00
こんな記事も読まれています

芳根京子、武井咲の後釜狙う“ハイエナ”作戦も奏功せず……地道な脇役路線に活路を見いだす!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

ラリー遠田が語る『平成お笑い史』

 3月15日、お笑い評論家のラリー遠田の著書『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴ...…
写真