日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > 小説投稿サイト、戦国時代の始まり?

講談社も小説投稿サイトに参入……これは、戦国時代の始まりか?

「NOVEL DAYS」より

 小説投稿サイトの新たな時代が始まるのか。

 講談社が、未来創造の「トークメーカー」を引き継ぎ、小説投稿サイト「NOVEL DAYS」を公開した。

「トークメーカー」は、通常の小説だけでなくキャラクター同士が会話する形式を取る「チャットノベル」や、複数の人で執筆を行うことができる「コラボノベル」など独特の創作サービスを展開してきたサイトだ。

 いまや小説投稿サイトは、ライトノベルを扱う出版社にとってはなくてはならない存在。「小説家になろう」を筆頭に、いくつものサイトを巡回して新人を探すのが、編集者にとっての重要な仕事になっている側面もある。

 投稿する側にしてみれば、単に趣味として書いている以上に「もしかしたら、出版社から声をかけてもらえるかもしれない」という夢を持てる場でもある。

 そんな小説投稿サイトだが、現状は乱立ともいえる。KADOKAWA系の「カクヨム」はあるし「エブリスタ」、そして「pixiv」でも小説を投稿している人は多い。

 つまり「いずれは出版社から声がかかるのではないか」というプロ志向の人にとっては、「いったい、どこに投稿すればよいのか」迷ってしまう状態である。そこにさらに大手が参入するわけだから、混迷は深まったといえるだろう。

 では、常に新人を求めている出版社の側は、小説投稿サイトをどのように見ているのか。ある中堅出版社の編集者は語る。

「質の高い作品やランキングの上位にある投稿作品は、最初から読んでいません。なぜなら、そういう作品はKADOKAWA系とか大手が持っていってしまうからです。読むときに注意しているポイントはいくつかありますが、手直し……場合によっては編集者が書き直せば商品になりそうな作品。それに、ネタ切れせずに書けそうな引き出しの多い作家であるかどうかですね」

 つまり、人生のすべてを費やして書いた入魂の一作をアップして「どうだ!」と思っている投稿者よりも、コンスタントに作品を更新している投稿者のほうが、声をかけやすいということの様子。

「なので、投稿サイトが増えることはいいことだと思っています。それだけ、敷居が下がって、今はダメだけど鍛えればモノになる作家に出会う機会も増えるわけですから」(同)

 果たして「なろう」に次ぐ、小説投稿サイトの覇権はどこが握るのか?
(文=是枝了以)

最終更新:2018/09/06 23:00
こんな記事も読まれています

講談社も小説投稿サイトに参入……これは、戦国時代の始まりか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

電気グルーヴ騒動を斬る!

 今年3月、コカインを使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された電気グルーヴのピエ...
写真