日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 自称ブス女が童貞男を振ったワケ

テレ東『覆面恋愛』が明るみに出した、「恋愛に顔は大事」という残酷な現実

テレビ東京『覆面恋愛~見知らぬ男女が、顔だけ隠して恋愛してみたら?~』

 恋愛について「相手の顔は関係ない」と断言する人もいるが、はっきり言ってレアパターンだと思う。人間は第一印象が決まる6秒間で「好き」「嫌い」がざっくり決まるという説もあるし、そういう意味で容姿はやはり重要だろう。

 9月3日、『覆面恋愛~見知らぬ男女が、顔だけ隠して恋愛してみたら?~』(テレビ東京系)なる番組が放送された。

 番組の内容だが、まず、顔も素性も知らない男女が集まった覆面パーティーが催された。顔を四角い箱で覆い、どんな顔かがまったくわからない状態での参加がルールだ。

 全員の共通点は「顔のどこかにコンプレックスを持っている」こと。ある参加者は「アゴが出てたけど、整形して引っ込めた」と告白し、別の参加者は「ハゲ上がってきている」と自嘲気味。そんなコンプレックスを隠したまま、相手の中身を徐々に知り合っていくパーティー。ここで惹かれ合った男女2人は、互いを「1泊2日を共にする恋のパートナー」に選び、伊香保旅行へ出発する。相手の顔を見ずに、どこまで好きになれるのか? を確かめる実験企画である。

 このパーティーで惹かれ合ったのは、31歳のダンサー・みおと24歳でマッチョが売りの若手芸人・りょう。もちろん、この2人もコンプレックス持ちだ。抜群のスタイルを誇るみおの顔はサミュエル・L・ジャクソンにそっくりだそう。これまでの交際人数は1人で、相手の男性には「顔は見せるな」と常に後背位を要求されていた悲しい過去がある。一方、りょうの学生時代のあだ名は「じゃがいも」。恋愛経験も経験人数も0の童貞男である。みおとりょうが惹かれ合ったのは、鍛え上げられた互いのボディがきっかけだった。

 もちろん、両者ともに相手の容姿には興味津々。みおの理想は横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智で、りょうはみおを「倖田來未さんみたいな感じ?」と予想していた。


123
こんな記事も読まれています
関連キーワード

テレ東『覆面恋愛』が明るみに出した、「恋愛に顔は大事」という残酷な現実のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

チュート徳井、巨額脱税で芸人生命終了へ

”板東英二超え”の巨額申告漏れで、売れっ子芸人がテレビから消える!?
写真
人気連載

チュート徳井は悪質なやり方か

今週の注目記事・第1位「森田健作、台風被害の最...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(3)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真