日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 自称ブス女が童貞男を振ったワケ

テレ東『覆面恋愛』が明るみに出した、「恋愛に顔は大事」という残酷な現実

■ブスを自認する女性が「私が初めてだとかわいそう」と童貞を敬遠

 伊香保で現地集合した2人による1泊2日の旅行がスタートした。パーティーの時と同様、覆面をしたまま旅行するシステムだ。

 旅行直前、2人は心境を語った。

「早くかぶりたいです。箱をください! メイクよりも強い状態になれるので、早くかぶって恋したいですね」(みお)

「今は(箱を)つけてないんで緊張してますけど、あれをかぶってしまえばなんとかなるんじゃないかなと。箱をつけると強くなれた気がしますね、自分が」(りょう)

 このシチュエーションだと、互いの内面を重視せざるを得ない。まず2人は喫茶店に入ったが、ここで会計を支払ったのはみおだった。りょうも払おうとはしたものの、みおに制されて、あっさり財布を引っ込めてしまっている。貧乏生活を送る若手芸人のりょうに、見栄を張る余裕はなかった。

「今の彼に“押し”を求めるのは酷かなという感じなので……」(みお)

 ちなみに彼女、旅行前に「童貞はイヤです!」と“童貞NG”を宣言している。それには、理由があるのだ。

「付き合うことになったとしたら、最初が私なわけですよ。……かわいそうだよぉ! 『私なんかが』って思っちゃいますね」

 旅館に到着し、宿泊部屋でりょうは童貞をカミングアウトした。本人の前では受け流したみおだったが、内心は大ショック。ピュアな男の子の“初めて”を、私みたいなブスだと汚してしまうのでは? という不安が彼女にはあった。

「1回でもヤッててほしかった……」


123
こんな記事も読まれています
関連キーワード

テレ東『覆面恋愛』が明るみに出した、「恋愛に顔は大事」という残酷な現実のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

さらば青春の光、コントの極みへ

 2008年に『キングオブコント』への参加を目指して結成され、結成10年目を迎えるお笑...
写真